サプライチェーンコンソーシアム運営時間をかける必要はありません。
最短1か月で導入できる実証済みの
画期的なパッケージがあります。

サプライチェーンをブロックチェーンプラットフォームで管理することで在庫や物流の状況を簡単に確認することが可能となるパッケージです。プラットフォームに関係機関を加わえることで、企業間のやり取りをシームレスに行うことができ、業務効率を飛躍的に上げることが期待されています。パッケージではモノに対して個別にIDを割り当て、IoT機器からIDごとにデータを追跡・記録します。リアルタイムのデータ管理や効率的な情報の提供が行えるため、運送業や製造業、エネルギーの分野で求められています。

パッケージ概要

在庫・物流管理

在庫・物流管理

偽造防止

デジタルサービスの拡大

SDGsへの取り組み証明

人的コストの削減

パッケージを問い合わせる

特に相性のいい分野

  • 小売店

    ECサイトの運営においてリアルタイムでの運送状況の把握や提供を可能にし、輸送時のトラブルについて責任の所在を明確化。小売業においても商品毎の最適運送環境の登録と、実行状況のリアルタイム観測を可能にすることで生鮮食品や精密機器の理想的な販売を可能にする。

  • 加工製造

    IoTセンサとブロックチェーンを接続して倉庫単位ではなく包装毎の原材料の保管状況や定点観測可能な製造状況を不可逆的に記録。また試験データや規定遵守の証明を可能にする。

  • メーカー

    生産から加工、出荷と販売まで貿易を含めた全ての工程とセンサで観測可能な情報をリアルタイムに可視化。厳密な保管や輸送環境を厳守することや偽造品撲滅が求められる精密機器や製薬、ブランド品や飲食料品等との親和性が特に高い。

  • 物流

    IoTセンサによってコンテナ単位ではなく包装単位での温度や湿度、衝撃などの外部環境データをリアルタイムで計測保存。中継地点ごとの業務フローを可視化し確認作業によるミス防止や担当者の負担軽減などの業務効率化も実現。高い輸送品質を公開し、信頼を担保する。

導入イメージ

物流の部分に活用する場合には、モノ毎にIDと紐づいたQRやNFCタグ等を割り当て、IoT接続可能な環境測定センサーと連結させます。温度や衝撃などの環境データをコンテナ単位ではなく個別のモノ単位でリアルタイムに収集、記録、公開します。また、この時情報の公開範囲を設定することができます。

工場・物流センター

  • ID割り当て
  • 位置情報/最適輸送温度等登録
  • 出荷処理

運送

  • 個包装単位データのリアルタイム収集

  • 入荷処理
  • 個包装単位データのリアルタイム収集
  • 出荷処理

運送

  • 個包装単位データのリアルタイム収集

小売

  • 入荷処理
  • 出荷処理

消費者

  • パッケージQR等から必要な情報を取得
導入イメージ

アクセス権限をコントロールし開示と非開示をシステム化することにより、セキュリティーやコンソーシアム運営を最適化します。

導入費用目安

380万円〜*税別価格です

パッケージを問い合わせる

事例紹介
IoTを活用した
コールドチェーン物流管理

トレーサビリティによる偽造防止ワインプラットフォーム

IoT 温度データセンサーにより、プロセス全体の温度データが収集され、ブロックチェーン上に記録されます。データはリアルタイムで監視することができます。

さらに、規定した数値を越えると警告システムが発動するシステムが搭載されており、コールドチェーン食品の安全性を最適化、不良食品が事故によって引き起こされた場合は原因の追究も可能となりました。

ブロックチェーンを活用したビジネス構築に興味がありますか?

ブロックチェーンビジネスに興味がありますか?

アイディアだけお持ち下さい。
ブロックチェーンの知識は必要ありません。

  • ブロックチェーンプロダクトをゼロから立ち上げた経験やノウハウ
  • 世界トップクラスのパートナーシップ
  • 業界を問わないコンサルティング力

ブロックチェーン・ビジネスコンサルティングチームが、あなたのビジネスを成功させます。

ブロックチェーン実態調査 ブロックチェーン実態調査