3Dプリンターとブロックチェーン技術の融合が製造業を根本から変える!?

3Dプリンターとブロックチェーン技術の融合が製造業を根本から変える!?

3Dプリンターとブロックチェーン技術

3Dプリンターとブロックチェーン技術のイメージ画像

3Dプリンターとは、あるデータをもとに樹脂や金属などの物質を一層一層積み重ねながら、立体物として印刷(作成)するものです。

従来のプリンターと呼ばれているものは、あくまで紙やCDの表面などにインクを出し、文字などを印刷(2D)するものですが、3Dプリンターはさまざまな方式で材料を積み重ねることで立体化(3D)させることができます。

現在では3Dプリンターの技術を使って、生きた細胞を使い小さな組織を作ることも、24時間以内に家を丸ごと作ることも可能になり、その技術は世界各国で注目されています。

この革新的な技術をブロックチェーンでつなぎ、ジャストインタイム生産が可能な分散型製造工場を作ろうとしているのが、
イタリア トリノ工科大学からスピンオフしたスタートアップ企業「ポリトロニカ」

このジャストインタイムとは「必要なものを、必要なときに、必要な数だけつくる」という発想のシステムです。
ポリトロニカ社が展開する「ネットワーク ロボット ワークフォース」というネットワークは、ブロックチェーン技術を用いたプラットフォームです。
納期や生産コストに関する従来の製造業界基準を変える可能性があるものとして期待されています。

3Dプリンターの印刷は設計から素材選定、スキャン、印刷まで何段階ものプロセスが存在し、それぞれが複雑に関係しています。
ブロックチェーン技術によってそのプロセスも管理することができます。

ブロックチェーンで管理することで、権限者がリアルタイムに確認、管理することで人的コストを削減することが見込めます。
このポリトロニカ社はそれに加えて、100台の3Dプリンターのネットワークを管理し、ブロックチェーン上に部品や製品情報を記録し、共有・転送・追跡を容易にしています。

3Dプリンター業界とブロックチェーン技術の将来性

そしてブロックチェーンのである高い透明性や不正、改ざんが不可能な特徴により、セキュリティの脆弱性を排除することで、著作権や知的財産権を保護しながら印刷することを可能にしました。
結果としてポリトロニカ社が開発したこのネットワークは、3Dプリンター業界の成長や可能性の拡大の一役を担っています。

3Dプリンターにブロックチェーン技術を導入することへの関心は高まり、米海軍でさえデータ転送にブロックチェーン技術の採用を検討しているとされています。
同社はイタリアでビジネスモデルを確立し、将来は世界に向けてビジネスを広げたいと考えています。

日本においては3Dプリンター技術の研究開発がまだ急激に進んでいるという状況ではないですが、今後世界のビジネスモデルを参考にすることでブロックチェーン技術とうまく融合した3Dプリンター技術として構築されることは間違いありません。
3Dプリンター開発企業などはブロックチェーン技術をうまく取り込むことで、ビジネスチャンスをつかむことができます。

ブロックチェーンを活用したビジネス構築に興味がありますか?

ブロックチェーンビジネスに興味がありますか?

アイディアだけお持ち下さい。
ブロックチェーンの知識は必要ありません。

  • ブロックチェーンプロダクトをゼロから立ち上げた経験やノウハウ
  • 世界トップクラスのパートナーシップ
  • 業界を問わないコンサルティング力

ブロックチェーン・ビジネスコンサルティングチームが、あなたのビジネスを成功させます。

業種・業界別でブロックチェーン技術の活用、導入に関する記事を探す

ブロックチェーンビジネスに
興味がありますか?