人気記事ランキング

  1. 5G時代に注目される Kinetic Chain Technologyにブロックチェーンはどのように影響するか

    5G時代に注目される Kinetic Chain TechnologyとAI、IoT、ブロックチェーンの役割   5G時代の到来は、DX(デジタルトランスフォーメーション)にも大きく関係しており、既存事業をさらに加速させることが期待されています。クラウド、IoT、AI、ブロックチェーンが、5G時代における『4種の神器』と呼ばれるほど注目を集めているのです。しかし、 実際にIoT、AI、ブ […]

  2. 【中央集権型のデメリット】分散型のブロックチェーンが解決できる理由と最新事例

      ブロックチェーンを活用したビジネスが金融分野だけでなく、非金融分野でも多く見受けられるようになりました。 なぜブロックチェーンが選ばれるのか? 従来の中央集権型とどのように違うのか? この記事では、中央集権型のデメリットとブロックチェーンの優位性について詳しく解説します。 中央集権型のメリットとデメリット 人類は「中央集権」や「集中化」という機能や仕組みを用いて、成長、発展してきまし […]

  3. ブロックチェーン技術が廃棄物問題を解決!リサイクルで報酬を獲得するプロジェクトとは?

    廃棄物問題をリサイクルで改善するブロックチェーンプロジェクト 廃棄物処理の管理は、多くの国や地域に共通する課題の1つです。 ビットコインから始まったブロックチェーン技術は、その影響力の範囲を金融から他の分野に移行し始めています。 ブロックチェーン技術が非金融部門でも活用されている事例として『廃棄物の管理』があげられます。   カナダで設立された世界規模のリサイクルベンチャーであるPlas […]

  4. ペットの命や血統情報をブロックチェーンで守る【ペット業界でのブロックチェーン活用事例「CogniPet」】

    犬や猫など種類を問わずペットを飼う人の数が増えています。私たちにとって、ペットの存在はますます大切なものになっています。 しかしペット業界では長い間、「いのち」の問題について議論されています。 議論として大きいのが、ペットの殺処分や飼育放棄、虐待などです。 このような問題を解決するサービスを開発したのが、スイスのスタートアップ企業である「CogniPet」です。「CogniPet」は犬や猫などの情 […]

  5. ブロックチェーン×IoTで車と駐車場が通信!空き状況の確認や支払いも自動化【ボッシュ社の活用事例】

    IoT業界のサプライヤーを目指すボッシュ社 ドイツに本部を設けている自動車部品と電動工具のメーカーのボッシュは、近年IoT領域の事業においてのサプライヤーとなるため、自動車、機会、建物など日常的なモノをインターネットに接続させるための研究開発を行っています。 2025年には世界中に550億個のIoTデバイスが存在し、IoTへの投資額は15兆ドル近くになると見積もられています。ボッシュはすでに201 […]

  6. 【フェアトレードの課題や批判を解決する】ブロックチェーンのメリットとは?

    発展途上国のコーヒー農家やカカオ農家は、児童労働や長時間労働、危険を伴う労働の温床とされています。なぜなら、1日2ドル未満、つまり約220円以下で暮らす農家が多いと言われているからです。 その解決法としてフェアトレードという仕組みがあります。 フェアトレードとは、発展途上国で作られた作物や製品を、継続的に適正な価格で取引することです。 フェアトレードによって生産者の生活向上を持続的に支援することが […]

  7. 遺言にブロックチェーン技術を導入したアメリカの事例と日本の電子遺言

    遺言におけるブロックチェーン世界の事例   今回は遺言におけるブロックチェーン技術の活用事例を見ていきます。 アメリカのNEMWillは、遺言をブロックチェーン技術を用いて執筆するプラットフォームを作りました。 この世界初のプラットフォーム構築の背景にはひとつの事件がありました。 アメリカ コロラド州で一人の青年が突然死しましたが、彼が保有していた暗号資産は遺族に相続権があったのにもかか […]

  8. 【クラウドストレージとブロックチェーンの違い】仕組みや安全性、メリットを比較して解説

    今回はクラウドストレージとブロックチェーンの違いや関係性について解説していきます。 クラウドストレージとブロックチェーンは何が違うの? ブロックチェーンにはどんなメリットがあるの? クラウドストレージの問題点とは? このような疑問がある方は、ぜひ本記事を参考にしてください。 この記事を読めば、クラウドストレージとブロックチェーンの違いを理解できます。   クラウドストレージとは? ストレ […]

  9. 【アパレル業界の課題】ブロックチェーンによるトレーサビリティで環境と労働の問題を解決する

    アパレル業界は、環境問題と労働問題という大きな2つの課題を抱えています。 スウェーデンの企業が開発したPaperTaleは、アパレル業界が抱える環境問題と労働問題をブロックチェーン技術を用いて解決しています。地球にやさしい持続可能な環境作りに貢献するブロックチェーンプロジェクトです。 PaperTaleにより、消費者は服に付けられたスマートタグを読み込むだけで、服の生産工程に関する情報や環境への影 […]

  10. AI裁判官も近い?中国で裁判にブロックチェーン技術とAIの採用した結果

    AIやブロックチェーンを取り入れた裁判を行った結果 北京インターネット裁判所の会長Zhang Wen氏が、2019年の中国知的所有権保護フォーラムのセミナーでブロックチェーン技術や人工知能(AI)を採用した判決を行い、素晴らしい結果を示すことができたと述べたことを地元の報道機関Global Timesが4月25日に報じました。 Zhang氏はまた以下の通り述べています。 「判決を下すためのサポート […]

  11. 農地や農産物の権利をNFT化!【EC×ブロックチェーン】で「おしながき」が変える日本の農業とは?

    「おしながき」は、産地直送型ECサイトの機能を備え、日本の“ほんもの”をお届けするサービスです。 おしながき:https://oshinagaki-store.com/ 農作物・海産物・伝統工芸品などの生産者と消費者を繋ぎ、より付加価値のある商品を販売できる環境を整え、正当な利益を還元する産直型のECサイトです。 「おしながき」の最大の特徴は、ブロックチェーンを活用して、安全かつ安心して取引ができ […]

  12. 【Scorumとは?】ブロックチェーンを活用した新しいスポーツメディア『ファンタジースポーツやスポーツベッティングも楽しめる』

    昨今スポーツメディアは様々な媒体を介してコンテンツが発信されいますが、多くのメディアは常にアップデートされていくスポーツ情報に追いつくことが困難となっています。一方、スポーツファンは情報が溢れいているため、自分が本当に欲しい情報を探しにくくなっています。 こうした問題を解決し、ブロックチェーンを活用することで、ユーザー参加型のスポーツメディアを運営するのが『Scorum』です。   『S […]

  13. スポーツ・健康に関するデータの収益化をブロックチェーンプラットフォームでこう実現する【2019年最新情報】

    モバイルヘルス市場の拡大 スマートフォンなどのモバイル端末を利用して、医療行為や診療のサポートすることを「モバイルヘルス」と言います。 このモバイルヘルス市場は、ITの活用により急速に成長を遂げています。 インドのリサーチ会社Mordor Intelligenceによると、2023年に2017年の4.5倍となる1100億米ドルまで拡大すると予測されており、ヘルスケア分野の中で最も急成長している市場 […]

  14. オーガニック化粧品のトレーサビリティをブロックチェーンで証明する【ACT4s】

    ブロックチェーンは、記録された情報に対しての耐改ざん性が高いため、製造過程(いつ作られたのか、製造時の温度など)、輸送する過程(工場から発送された日時や移動時の位置情報、運搬時の車内温度)など各過程において発生する様々な情報(トレーサビリティ)を追跡・記録に適した技術となっています。 今回ご紹介するSeqensは、オーガニック化粧品の世界基準を満たしていることを消費者へ証明するための手段としてブロ […]

  15. アメリカの5G通信を支えるブロックチェーンとAIの技術活用について

    2019年5月2日、 マサチューセッツ工科大内の研究所であるMITメディアラボ ブロックチェーンを研究する団体Digital Currency Initiative マサチューセッツ工科大学のメディア企業が刊行する科学技術雑誌MIT Technology Review この3団体が主催するイベントBusiness of Blockchainが開催されました。 このイベントは、ブロックチェーンで世界 […]

  16. ブロックチェーン×トレーサビリティ 2021年に注目の活用事例10選

    ブロックチェーン×トレーサビリティ 2021年に注目の活用事例10選 ブロックチェーンは、トレーサビリティを確保するために非常に有用なソリューションの1つです。 ブロックチェーンの分散台帳機能で、ステークホルダーと同一のプラットフォーム上で情報をシームレスにやり取りできたり、一意のデータを作成・暗号化し、ブロックチェーン上に書き込むことで改ざんを防止できたり、IoTやNFCタグと組み合わせることで […]

  17. IBMが干ばつを防ぐ! 地下水量をブロックチェーンで管理するプロジェクト

    IBMがブロックチェーンとIoT技術でカリフォルニアの干ばつを対策 ブロックチェーン技術を食品サプライチェーンなどに積極的に導入をしているIBMは、ブロックチェーンを使ってビジネス上の様々な課題を解決するために複数の主要組織と協力をしています。 IBM Researchは、カリフォルニア州の干ばつに対して地下水の利用を持続可能なものにするためにThe Freshwater Trust(TFT)とS […]

  18. 高級時計のブランド価値を偽造品から守るブロックチェーン技術とは?『Arianee』

    世界三大高級時計メーカーの一つヴァシュロン・コンスタンタンは、ブロックチェーンテクノロジーによるデジタル時計認証のオープンソースソリューションであるArianee(アリアニー)へ参加しました。 Arianee 高級時計の偽造品は毎年4千万台以上市場に出回っています。 4千万台という数字からもわかるように高級時計の偽造品は非常に多く、肉眼だけで識別出来ないほど、精巧に作られている場合もあります。その […]

  19. ブロックチェーンと電子透かし技術で海賊版コンテンツから著作権を守る『Custosの事例』

    漫画や書籍などの海賊版対策を強化する法律「改正著作権法」が2020年6月5日に可決、成立しました。改正著作権法では、インターネット上の海外版対策の強化を目的とし、著作権侵害コンテンツのダウンロード違法化などが対象となりました。 コロナ禍によって自宅で過ごすことが多くなった現代では、テレビやネットで映像を視聴する回数が増えることが予想されます。それに伴い、海賊版の映画や漫画などがさらに増加する可能性 […]

  20. 『進撃の巨人』のNFTを販売!Anique がブロックチェーンを活用しデジタル所有権が持てるサービスを開始

    日本のAnique株式会社は、ブロックチェーン技術を活用した新サービス「Anique(アニーク)」を開始することを発表しました。 アニメやマンガ、ゲームなど日本の優れたコンテンツのアートワークを、世界に一つだけの自分のコレクションとして所有・売買できるようになります。 その第1弾は、世界中で人気のアニメ『進撃の巨人』のアートワーク26点のデジタル所有権であることが発表され、その抽選が2019年5月 […]

  21. プラスチックリサイクルの持続可能性を証明するためにブロックチェーンを活用【RecycleGOの事例】

    2020年8月10日、リサイクル企業のRecycleGOがブロックチェーンテクノロジーを利用して、リサイクルサプライチェーンに透明性と信頼性をもたらすことに成功したことを発表しました。 Plastics Recycling Builds the Business Case for Blockchain リサイクルソリューションが注目されている SDGs(持続可能な開発目標)の関心度の高まりによって […]

  22. オンラインカジノの透明性とプレーヤー保護をブロックチェーンで実現【英FunFairの事例紹介】

    FunFair(https://funfair.io/)は、イギリスのロンドンを拠点としているFunFair Technologiesによるプロジェクトです。 英国のオンラインカジノに向けられる消費者の懸念「カジノへの信頼性の低下」に対して、これまでにない透明性の実現やプレイヤーの保護などのために誕生しました。 FunFairの3つの特徴 Ethereumブロックチェーン上に構築されたFunfai […]

  23. オンラインカジノ・ギャンブルが抱える課題を解決するブロックチェーン技術とは?

    ブロックチェーンは業界問わずその技術導入により、安全性や効率を格段に向上させる可能性を大いに秘めています。 これはギャンブルやカジノ業界も例外ではありません。 オンラインカジノ・ギャンブルは、スマートフォンの普及や実店舗の減少に伴い、成長を遂げています。 この記事では、オンラインカジノ・ギャンブル業界におけるブロックチェーンの可能性について解説していきます。 カジノやギャンブルが抱える課題とは? […]

  24. ブロックチェーンが解決するチャリティや寄付の活動における課題とは?

    今回の記事では、チャリティー活動へブロックチェーン技術を応用した事例をご紹介します。 日本でも徐々にブロックチェーン技術の開発が進められてきてはいますが、アジア最大の経済大国である中国でも日々、ブロックチェーンの開発、研究が進んでいます。中にはすでに実用ベースになっているものも存在していて、ブロックチェーンに関する調査では、アメリカと中国が2トップで開発、研究が進んでいるというデータもあります。 […]

  25. 2021年最新注目のブロックチェーンビジネス活用事例10選

    2021年最新注目のブロックチェーンビジネス活用事例10選   2021年は、国内の大手企業が続々とブロックチェーンを使ったプロジェクトの実証実験やPoCを行っているニュースが発表されており、海外ではCOVID-19による感染拡大による、予防接種ワクチンの管理ツール等を中心にブロックチェーンが多く活用されています。   今、ブロックチェーンは、非金融分野におけるビジネスへの流用 […]

  26. ルイ・ヴィトンがブロックチェーン導入で守るハイブランドの価値とは?

    ブロックチェーンテクノロジーをリードするConsenSysは2019年5月16日、LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)、そしてマイクロソフトと共同で高級ブランド業界の成長を推進するための共同プロジェクト、AURAについてのプレスリリースを発表しました。 To make people feel less diamond guilt, enter blockchain AURAはルイ・ヴィトンが […]

  27. 【マスターカード】支払い処理システムにブロックチェーンを導入!その理由とは?

    ブロックチェーン技術は業界問わず導入が進んでいますが、クレジットカード業界でもいち早く導入を決めた会社があります。 大手クレジットカード提供会社の一つであるマスターカードは、ブロックチェーン技術を支払い処理システムに導入しました。 この記事は、マスターカードが導入したブロックチェーンシステムについて解説していきます。 マスターカードが導入したブロックチェーンシステムとは? マスターカードがブロック […]

  28. 自転車盗難時の保険請求処理を迅速化するためにIBMがブロックチェーンを活用

    IBM社は、多くのスタートアップと提携し、積極的にブロックチェーン業界に参入しています。IBM社では、ヨーロッパにおいて非常に人気の高い自転車に注目をし、自転車ユーザーにとって大きな問題となっている盗難についてのソリューションを提供しました。 IBM Identifies Reducing Bicycle Theft As Pioneering Blockchain Use Case ヨーロッパで […]

  29. 医療業界の常識を覆す、虹彩認識とブロックチェーンの融合による患者識別とデータ保存

    虹彩認識×ブロックチェーン 医療記録を変えるコラボ! 医療業界はブロックチェーンの導入やその検討が進んでいる分野の一つですが、そこに虹彩認識技術の導入検討を進めているのがPatientory,Inc.とIrisGuardの共同事業です。 虹彩認識は、瞳孔を縁取る部分の無数のシワである虹彩を個人特定に用いる認証技術です。虹彩は生後二歳前後で定着するとその後一生変わることがない一方、その模様は指紋以上 […]

  30. 環境問題をブロックチェーンが解決!?CO2を削減し温暖化から地球を守るためには?

    2018年にWEF(世界経済フォーラム)において、地球が直面している環境問題をブロックチェーンが解決する可能性があるとして、報告書が発表されました。 Building Block(chain)s for a Better Planet ブロックチェーンを活用することで、人類が直面している環境問題を解決できるとは、いったいどういうことなのでしょうか? この記事は、ブロックチェーンの活用と環境問題につ […]

業種・業界別でブロックチェーン技術の活用、導入に関する記事を探す