【2021年最新ブロックチェーン事例更新】中央集権型のデメリットを分散型のブロックチェーンが解決できてしまう理由

【2021年最新ブロックチェーン事例更新】中央集権型のデメリットを分散型のブロックチェーンが解決できてしまう理由

中央集権型のデメリットを分散型のブロックチェーンが解決できてしまう理由

 

ブロックチェーンを活用したビジネスが金融分野だけでなく、非金融分野でも多く見受けられるようになりました。なぜブロックチェーンが選ばれるのか、従来の中央集権型とどのように違うのか、ブロックチェーンの優位性について解説します。

 

暗号通貨とブロックチェーンのイメージ画像

中央集権型の問題を分散型ブロックチェーンで解決できてしまう?

 

人類の発展にはは「中央集権」「集中化」という機能や仕組みを用いて、成長、発展し、中央集権を管理する者により社会は統制され、高度な技術を開発、資源の蓄積・分配などありとあらゆるものをその管理下においていました。

しかし社会が発展していくにつれ、汚職や賄賂、不平等、権力乱用などの問題が浮き彫りになってきました。

中央集権型の管理では、外部から中央集権の中でどのような意思決定が行われ、どのように管理されているのか開示されていない場合は、外部から確認することは難しく、文書の廃棄や、職権乱用などが行われていても外部から事実を確認することができない可能性があります。

これは一般社会のことについて述べていますが、社会以外にも例はあります。インターネットにおけるデータ管理なども一例のうちです。

その他にも集金や募金などの場においては、管理している側である中央管理者がお金を盗む可能性もあります。このようにデータを一元管理しているサービスを提供している企業は、保管データを管理企業が見れてしまう状況にあり、機密性、安全性に関する懸念があります。

一つのデータサーバーでのみデータを管理していると、ハッキングや悪用の可能性が高まります。
また、災害時にサーバーが物理的な危険に冒される可能性もあります。

中央集権が故に起こる問題は非中央集権的な仕組みが必要となり、ブロックチェーン技術を用いると解決できます。

中央集権型のデメリットをブロックチェーンが補う

中央集権型の管理に置いて懸念される事項は、非中央集権型の管理ができるブロックチェーン技術を導入することで改善することができます。

中央集権型管理と分散型管理

ブロックチェーンを用いることで中央集権型のデメリットである機密性、セキュリティ、災害リスクを改善することができます。

非中央集権的な管理方法として、分散型台帳技術がブロックチェーンの特徴としてよく紹介されます。

中央集権型のサーバーとは異なり、分散型台帳技術は1つの場所にデータを記録管理する方法ではなく、ネットワークの参加者が共通の台帳を持つ方法です。

分散型台帳技術は、ブロックチェーンの機能の一つであり、ブロックチェーンのネットワークに参加している参加者がそれぞれ同じ台帳を管理、共有することができる技術です。

ブロックチェーンには、誰が、いつ、どのような情報を書き込んだのか参加者同士が検証、承認、監視し合うことで記録が更新されるため、偽の情報の記録や改ざんをすることが極めて困難です。

そのため、例えば、中央集権型でデータをサーバーなどに記録する企業が、データ管理にブロックチェーンの持つ分散型台帳機能を導入し、ブロックチェーン上に保管することで、一度記録されたデータは改ざんがほぼ不可能な状態となり、改ざんされた場合でも改ざんされた記録を残すことができるようになります。

ブロックチェーンの分散台帳技術を用いることで、一企業が独断で、記録されている文書の削除や、改変を行うことができなくなり、情報の真正性、信頼性を向上させることができます。

また、ブロックチェーン上のデータは、1つの企業が全ての情報を握っているわけではなく、台帳を共有することでデータの管理を行いますが、全てのデータが見える状態である、というわけではありません。

ブロックチェーン上のデータは暗号化され、参加者ごとに閲覧権限を設けることができるため、データに直接関係する担当者だけが確認できたり、個人に関するデータは個人で管理、開示の選択をすることができるなど、データの持ち方をプライバシーや機密性を維持しつつ情報を1つの台帳上でやり取りできるため、多くの非金融分野で活用されています。

そして、データを文字通りインターネット上に分散して管理するため、災害などのリスクを回避することができます。

ブロックチェーンで閲覧権限を制限している2021年事例

 

ブロックチェーンベースのCOVID-19検査記録アプリで航空業界に安全性をもたらす

 

保険証券の真正性を検証するソリューションのPoCをブロックチェーンコンソーシアムが取り組む

 

 

分散型ブロックチェーン技術が使われている暗号資産(仮想通貨)について

暗号資産の取引では、法定通貨と異なるため、銀行のような中央管理者を介することなく、直接やり取りすることが可能です。

ビットコインを皮切りに暗号資産取引ではブロックチェーン技術を用いて管理されることがほとんどです。

中央管理者の代わりに、ブロックチェーンの分散型台帳機能を使い、取引情報をデータベース上にいる参加者が確認することができます。

そのため、取引データは暗号化、ウォレット情報は不規則な数列で表示されているためどこの誰かは明らかにされていませんが、どこのウォレットからいくら送られたかという情報はトランザクションIDなどから辿ることができます。

ブロックチェーン技術による暗号資産のメリットとブロックチェーンの可能性

海外への送金を行う場合は法定通貨を用いて日本の口座から円を海外の口座へ送金すると、為替手数料、送金手数料を払わないといけない上に送金には時間を要しますが、暗号資産には「仲介者」の存在がないからこそ為替手数料は必要なく、送金に時間はかかりません。

暗号資産の取引にブロックチェーン技術が使われていたことによって、日本ではまだブロックチェーンは投機的なもの、金融的なものというイメージが強くあります。暗号資産取引に使われていた背景を知ることで、ブロックチェーン技術についての理解を深めることにも繋がります。

今後、キャッシュレスが進む中で、暗号資産も支払い手段の一つになる可能性は高く、そのための法整備や研究開発も進んでいくことが予想されます。

ブロックチェーン技術によって、暗号資産は透明化、円滑化が進んだものとして広まり、決済時の安全性が高く、スムーズに取引できる手段として浸透することが期待されます。

 

ギフトカードの偽装や不正を防ぐ、ブロックチェーン技術

 

ブロックチェーンは業界を問わず有用性を発揮し、私たちの生活を変える可能性を秘めています。

しかし、新しい概念であることから現状では確立したビジネスモデルは少ないため、政府や企業がこぞって取り組みはじめています。

ブロックチェーンの活用方法の基礎についてはこちらの記事から最新情報をご確認いただけます。

2021年3月最新|記事今さら聞けないブロックチェーンの活用基礎

 

今さら聞けないブロックチェーンの活用基礎

ブロックチェーンを活用したビジネス構築に興味がありますか?

ブロックチェーンビジネスに興味がありますか?

アイディアだけお持ち下さい。
ブロックチェーンの知識は必要ありません。

  • ブロックチェーンプロダクトをゼロから立ち上げた経験やノウハウ
  • 世界トップクラスのパートナーシップ
  • 業界を問わないコンサルティング力

ブロックチェーン・ビジネスコンサルティングチームが、あなたのビジネスを成功させます。

業種・業界別でブロックチェーン技術の活用、導入に関する記事を探す

ブロックチェーンビジネスに
興味がありますか?