中央集権型のデメリットを分散型のブロックチェーンが解決できてしまう理由

中央集権型のデメリットを分散型のブロックチェーンが解決できてしまう理由

中央集権型の問題を分散型ブロックチェーンで解決できてしまう?

人類は「中央集権」「集中化」という言葉とともに成長、発展し,中央集権を管理する者により社会は統制され、高度な技術を開発、資源の蓄積・分配などありとあらゆるものをその管下においていました。しかし社会が発展していくにつれ、汚職や賄賂、不平等、権力乱用などの問題が浮き彫りになってきました。

これは一般社会のことについて述べていますが、社会以外にも例はあります。インターネットにおけるデータ管理なども一例のうちです。

一つのデータサーバーでのみデータを管理していると、ハッキングや悪用の可能性が高まります。その他にも集金や募金などの場においては、管理している側である中央管理者がお金を盗む可能性もあります。

中央集権が故に起こる問題はブロックチェーン技術を用いると解決できることがほとんどです。

分散型ブロックチェーン技術が使われている暗号通貨について

暗号通貨の取引ではご存知のとおり、法定通貨と異なるため、銀行のような中央管理者を介することなく、直接やり取りすることが可能です。中央管理者の代わりに、ブロックチェーンの分散型台帳機能を使い、取引情報をデータベース上にいる参加者が確認することができます。

暗号通貨取引ではブロックチェーン技術を用いて管理されることがほとんどです。

ブロックチェーン技術による暗号通貨のメリットとブロックチェーンの可能性

海外への送金を行う場合は法定通貨を用いて日本の口座から円を海外の口座へ送金すると、為替手数料、送金手数料を払わないといけない上に送金には時間を要しますが、暗号通貨には「仲介者」の存在がないからこそ為替手数料は必要なく、送金に時間はかかりません。

暗号通貨の取引にブロックチェーン技術が使われていたことによって、日本ではまだブロックチェーンは投機的なもの、金融的なものというイメージが強くあります。暗号通貨取引に使われていた背景を知ることで、ブロックチェーン技術についての理解を深めることにもつながります。

今後、キャッシュレスが進む中で、暗号通貨も支払い手段の一つになる可能性は高く、そのための法整備や研究開発も進んでいくと見られます。ブロックチェーン技術によって、暗号通貨は透明化、円滑化が進んだものとして広まり、決済時の安全性が高く、スムーズに取引できる手段として浸透するはずです。ブロックチェーンは業界を問わず有用性を発揮し、私たちの生活を変える可能性を秘めています現状、確立したビジネスモデルは少ないため、政府や企業がこぞって取り組みはじめています。

ブロックチェーンを活用したビジネス構築に興味がありますか?

ブロックチェーンビジネスに興味がありますか?

アイディアだけお持ち下さい。
ブロックチェーンの知識は必要ありません。

  • ブロックチェーンプロダクトをゼロから立ち上げた経験やノウハウ
  • 世界トップクラスのパートナーシップ
  • 業界を問わないコンサルティング力

ブロックチェーン・ビジネスコンサルティングチームが、あなたのビジネスを成功させます。

業種・業界別でブロックチェーン技術の活用、導入に関する記事を探す

ブロックチェーンビジネスに
興味がありますか?