日本の車離れを止めるブロックチェーン技術海外で利用者増加中のレンタカーとカーシェアリング

日本の車離れを止めるブロックチェーン技術海外で利用者増加中のレンタカーとカーシェアリング

レンタカー・カーシェアリングの利用規模拡大とブロックチェーン技術

今回はレンタカー、カーシェアリングとブロックチェーン技術について見ていきます。

「20年後に個人で車を所有している人はいない」。

この言葉を耳にした方もいるでしょう。
フォード、ゼネラルモーターズ、クライスラー、BMWと名だたる自動車企業で務めてきたボブ・ラッツ氏の発言です。

この発言の背景には、レンタカーやカーシェアリングエコノミーの盛り上がりがあります。
海外ではすでに数十万人を超える利用者規模になっています。
そして今後、その利用者はさらに増えていくと見られ、利用者層も広がることは間違いありません。

レンタカーやカーシェアリングにブロックチェーン技術を導入する

レンタカーやカーシェアリングにおけるブロックチェーン技術の導入例としては、
配車アプリにブロックチェーン技術を組み込み、配車までのフローをシンプル化させ、コストを抑えながらサービスを提供するというものになります。

具体的には複数いる利用者情報の登録から、使用料金の設定・計算、配車場所、車両の管理・維持などをブロックチェーン上に記録します。
ブロックチェーンに記録することによって、全てのデータがリアルタイムで記録、管理され、改ざんされることもありません。
また、永久的に記録が残っているので、何か問題が発生したときに、全員で過去のデータを確認し、原因追及することが可能です。

さらに車両の盗難や破損があった場合、ブロックチェーンに車両情報や利用者情報が記録されていれば、
警察や車会社への情報共有や書類提出なども不必要です。

それらを紙媒体で行った場合、時間や費用がかかりますが、大幅に削減することができます。

従来のようにこれらのフローをレンタカー会社や仲介業者を挟む、
つまり中央管理者的な存在を介すことによって、コストがさらにかかり利用者はプラスαで使用料金を払わなければなりません。
またその中央管理者もあらゆる情報管理や車の管理・維持にコストがかかります。

ブロックチェーン上で情報や取引を記録することによって、利用者がダイレクトにつながり、ふさわしい対価で車を利用することができるのです。

日本の車離れとブロックチェーン技術

日本においては久しく若者の車離れが話題になっています。

所得低下や公共交通機関の発達など、理由はさまざまですが、
車を利用したくても、個人では所持できない人が一定数存在します。

今後もそのような人たちが増えていく中で、レンタカーやカーシェアリングのサービスをふさわしい価格で、
利便性をより感じられるようになれば、ビジネスチャンスにつながります。
このビッグチャンスをつかむようなブロックチェーンシステムの開発に、多くの企業は熱を入れています。

ブロックチェーンビジネスに興味がありますか?

ブロックチェーンビジネスに興味がありますか?

アイディアだけお持ち下さい。
ブロックチェーンの知識は必要ありません。

  • ブロックチェーンプロダクトをゼロから立ち上げた経験やノウハウ
  • 世界トップクラスのパートナーシップ
  • 業界を問わないコンサルティング力

ブロックチェーン・ビジネスコンサルティングチームが、あなたのビジネスを成功させます。

業種・業界別でブロックチェーン技術の活用、導入に関する記事を探す

ブロックチェーンビジネスに
興味がありますか?