今、ヘッジファンド業界で注目されているブロックチェーン技術とは。その背景に迫る!

今、ヘッジファンド業界で注目されているブロックチェーン技術とは。その背景に迫る!

ヘッジファンドとブロックチェーンの可能性

ヘッジファンドとブロックチェーンのイメージ画像

ヘッジファンドとは「リスクを最小限に抑えながら、投資家から集めた資金で投資を行い、利益を追求して分配する仕組み」のことを指します。
典型的な例は、株式など下落する可能性のある金融資産を保有する場合に、先物もしくはインデックスを売ることによって、損失のリスクを最小限にすることが挙げられます。

このヘッジファンドは近年、リスクを最小限に抑えられるという理由で、世界の資産運用において存在感を増している資産運用法の一つと言われていますが、投資の世界に確実性や絶対は存在しません。
また、私募ファンドのため資金の集め方、使われ方に関しては曖昧になってしまう可能性もあります。

ブロックチェーン技術とAIを使ったヘッジファンドの事例

AIとブロックチェーン技術を使って、より精度の高い予測をしつつ透明性も担保することができるシステムを構築したのがNumeraiです。

Numeraiはファンドの取引データを秘匿性の高いシステムにより、一部のデータサイエンティスト以外からはデータが見えないテクノロジーを構築しました。
匿名のデータサイエンティストとデータを共有し、AIとブロックチェーンを使い独自の学習機能使って、より精度の高い取引予測を立てています。
結果として、出された取引予測はデータとしての精度が高く、リスクヘッジを可能にしています。

AIの進化も日進月歩であり、急速に進みます。

AIの学習機能は投資における過去何十年ものデータを学習し、精度の高い予測結果を算出することができます。
そしてデータは毎日更新、保管しておくことで、未来の予測結果算出時に使われるのです。
この学習記録や結果をブロックチェーンに記録すれば、永久的に保管され、データの改ざんや不正を防ぐことができます。

このAIとブロックチェーンが融合したシステムにより、膨大なデータを集積し、学習しつづけることで、株式市場予測の正確性にはかなり期待が集まっているのが現状です。
特に損失を抑えるヘッジファンドの分野においては、利益を出すことと損失を減らすことが最大の目的です。
これが可能になればヘッジファンドはこれからも注目を集め続ける資産運用法になります。

このシステム構築を完璧なものにすべく、データサイエンティストは研究開発を行っています。
利益と損失のデータをより完璧に近いカタチで予測することができれば、ヘッジファンドや株式取引などの分野だけなく、私たちの生活においてもそのシステムが使われるようになる可能性があります。

実用化に向けて、企業が力を入れる理由はそこにあります。

ブロックチェーンを活用したビジネス構築に興味がありますか?

ブロックチェーンビジネスに興味がありますか?

アイディアだけお持ち下さい。
ブロックチェーンの知識は必要ありません。

  • ブロックチェーンプロダクトをゼロから立ち上げた経験やノウハウ
  • 世界トップクラスのパートナーシップ
  • 業界を問わないコンサルティング力

ブロックチェーン・ビジネスコンサルティングチームが、あなたのビジネスを成功させます。

業種・業界別でブロックチェーン技術の活用、導入に関する記事を探す

ブロックチェーンビジネスに
興味がありますか?