現在の物流、サプライチェーンが抱える問題のほとんどはブロックチェーンで解決できる!

現在の物流、サプライチェーンが抱える問題のほとんどはブロックチェーンで解決できる!

物流、サプライチェーンマネジメントにおけるブロックチェーンの可能性

いま、業界を問わずブロックチェーン技術が注目されています。
それは物流やサプライチェーンマネジメントの分野においても同じです。

ブロックチェーンは分散型台帳であり、記録が永久的に残るという特徴があります。
具体的に見ていくと、分散型台帳というのは、これまでの政府や銀行といった中央集権的な管理者がおらず、
世界中のパソコンで同じデータを共有し合うということです。

リアルタイムで情報の管理、更新ができます。これにより、誰かが情報の不正や改ざんを行わないかを互いにチェックし合え、
高い安全性と公平性を担保することが可能です。個々のユーザーを直接つなぐダイレクトコミュニケーションもできます。

また、記録が永久的に残るので、紙媒体と違い、紛失、消滅といったリスクも防ぐことができます。

ではこのような物流、サプライチェーンマネジメント業界においての問題を2つの視点でみていきます。

物流、サプライチェーンマネジメントにおける2つの問題

まず複雑な行程のために支払われるコスト増加です。

物流は生産者から消費者に商品がわたるまでの間、多くの、そして複雑な工程を経ています。
生産、既存のシステムではその工程ごとにデータが管理されており、なにかエラーが起きた際もどこでどんなエラーが発生したのか、原因究明にかなりの労力を必要とします。
また、このフローを管理会社によって管理させると莫大なコストがかかります。
結果的に商品の値上げにつながるので、消費者が不利益を被ることになります。

次に信用問題です。

生産者、輸入者、輸出者、ドライバー、すべての信用情報を取得するとなるとかなりの時間がかかります。
ドライバーにおいては、輸送記録や安全管理などの記録がブラックボックスになりやすく、正しく配送されたかどうかも含めて曖昧です。

この2つの問題において先述したようなブロックチェーンの特徴が有用です。

既存のシステムでは管理しきれない物流工程に関して、ブロックチェーン上に記録してしまえば、有事の際に確認するのはブロックチェーンだけですみます。

例えば、生産、荷受、入荷、検品、保管、製造、包装、出荷、配送、販売…ここで挙げるだけでもかなりの数の工程が存在していますが、
情報や状況、商品情報等をブロックチェーンで記録、管理することができ、確認できる複数ユーザーでチェックし合うことで、機械的、人的エラーを防ぐことができます。
万が一エラーが起きたとしても、ブロックチェーン上で効率的に原因調査をすることができるので、不必要なコストはいりません。

チェックに人的コストをかけなくてすむということは、企業にとっては大きなコスト削減につながります。

そしてそれに携わる人、企業の情報も組み込むことによって、責任所在や取引実績なども見える化され、より公正な取引が可能になります。
人的コストは削減されるので商品の値段が非条理に上がることもありません。

物流業界において、ブロックチェーン技術が導入されれば、既存の物流システムは大きく変わり、
消費者にとってもより安全で、経済的な商品が手に入ることになります。

そしてなにより、そこに携わる企業や会社も高い信頼性のもと、従事することができます。

物流産業はITやテクノロジー、ブロックチェーンと相性がよく、システム構築ができれば爆発的な利益が見込めます。
各企業が物流システムにブロックチェーン技術を取り入れることに熱い視線を注いでいます。

ブロックチェーンを活用したビジネス構築に興味がありますか?

ブロックチェーンビジネスに興味がありますか?

アイディアだけお持ち下さい。
ブロックチェーンの知識は必要ありません。

  • ブロックチェーンプロダクトをゼロから立ち上げた経験やノウハウ
  • 世界トップクラスのパートナーシップ
  • 業界を問わないコンサルティング力

ブロックチェーン・ビジネスコンサルティングチームが、あなたのビジネスを成功させます。

業種・業界別でブロックチェーン技術の活用、導入に関する記事を探す

ブロックチェーンビジネスに
興味がありますか?