全国の観光地や温泉地の集客課題を解決するためのブロックチェーンとは

全国の観光地や温泉地の集客課題を解決するためのブロックチェーンとは

ブロックチェーン技術の無限の可能性
ブロックチェーン技術はその成り立ちから、どうしても金融や投機としてのイメージが強いのが現状ですが、実は世界ではすでに金融以外でブロックチェーン技術を取り入れたユースケースが多数存在します。どのような業界でどのようにブロックチェーンを活用しているのかを知ることで先を見据えたビジネス展開を行なうことができるはずです。

全国の観光地や温泉地の集客課題を解決するためのブロックチェーンとは

全国にはまだあまり知られていない観光地や温泉地が数多く存在します。また震災やパンデミックが起こるごとに観光地の集客課題が浮き彫りになります。今回は全国の観光地を活性化させるための観光特化型デジタル通貨「ルーラコイン」のご紹介です。

デジタル通貨「ルーラコイン」とは全国の観光地で使える日本初の観光に特化した1ルーラ=1円のデジタル通貨であり、全国で横断的に使えるデジタル通貨とプレミアムポイントの2つで構成されています。

従来の地域デジタル通貨は「限られた地域でしか使えない」「観光客があまり利用しない」といった弱点を抱えていましたが、ルーラコインは全国規模のネットワークを持つ、新しいデジタル通貨かつQRコード決済サービスになると説明しています。

ルーラコインではコインの購入や利用に関するトランザクションの管理にブロックチェーン技術が使用されています。イーサリアムのセカンドレイヤー・ネットワークソリューションである「Polygon(MATIC)ネットワーク」が採用されており、トランザクションの速度を向上させ、低い手数料を可能にしています。

2月5日~3月27日に有馬温泉、飯坂温泉、下田温泉の3カ所で実証実験が行われており、2022年以内に全国30カ所、2023年までに100カ所でのサービス提供を目指しているといいます。さらに加盟店ネットワークを基盤にした限定商品の販売、地域限定NFT、バーチャル上の経済圏、ウェブ3.0やデジタルツインを取り入れる予定です。

まとめ

デジタルの時代に、地域と人を繋げるためにブロックチェーンの活用がされています。デジタル通貨のみで交換できる地域限定の商品や体験ができることで、全国各地に観光客が増えることを期待したいと思います。また、地域活性化・観光業活性化に関わるDX施策やトークンエコノミー構想は非常に多いので、それら構想との相乗効果も期待されます。

ブロックチェーンを活用したビジネス構築に興味がありますか?

ブロックチェーンビジネスに興味がありますか?

アイディアだけお持ち下さい。
ブロックチェーンの知識は必要ありません。

  • ブロックチェーンプロダクトをゼロから立ち上げた経験やノウハウ
  • 世界トップクラスのパートナーシップ
  • 業界を問わないコンサルティング力

ブロックチェーン・ビジネスコンサルティングチームが、あなたのビジネスを成功させます。

業種・業界別でブロックチェーン技術の活用、導入に関する記事を探す

ブロックチェーンビジネスに
興味がありますか?