お味はいかが?老舗ウィスキーメーカーが始めるブロックチェーン・ウィスキー。

お味はいかが?老舗ウィスキーメーカーが始めるブロックチェーン・ウィスキー。

老舗ウィスキーメーカーとブロックチェーン

酒造所のイメージ画像

1887年に創業されたWilliam Grant&Sons(ウィリアム・グラント&サンズ)はスコットランドの大手酒造メーカーです。130年以上もの歴史をもつ同社は、ブロックチェーン技術を活用した「Ailsa Bay(アイルサ・ベイ)」を2007年に立ち上げました。

William Grant&Sonsはスコッチ・ウィスキーの高級ブランドとして知られている蒸留所です。

この蒸留所では、蒸留・樽熟成・流通のプロセスをブロックチェーン管理、追跡されたウィスキーが作られています。

「アイルサ・ベイ」ではブロックチェーン技術を用いて、蒸留と製造の全プロセスを把握し、供給元から販売店までの情報を消費者が確認、追跡できるシステムを取り入れています。どこで誰がどのような手法で製造したかをチェックすることによって、ウィスキー自体の安全性が担保されます。加えて、ブロックチェーン上のデータには樽の種類、瓶詰め日などの情報が記録されています。

「アイルサ・ベイ」で管理されたウィスキーを購入した消費者は、成分やブランドについて実際に手に取って自分の目で確認することができるため、偽造品などの心配をすることなくウィスキーを楽しむことができます。

食品トレーサビリティの精度向上の必要性がますます高まっている背景には、偽造品やすり替えなどの気づきにくさに消費者が目を向け始めている点が挙げられます。
米国油化学学会のレポートによると市場に出回っているエキストラヴァージンオリーブオイルのうち88のサンプルをテストしただけで12.5%の偽造品や粗悪品が発見されたことが報告されてました。

ブロックチェーン技術を使うことで消費者に生産過程のストーリーを透明性をもって提示することができ、トレーサビリティの明確化によって、ブランド価値を高めることができます。

 

カナダでは同様にビールの製造過程にブロックチェーン技術が導入されたものも販売されています。

今後はブロックチェーン技術で品質保証をするのが一般的になるでしょう。

さらに「Ailsa Bay(アイルサ・ベイ)」は位置情報サービスと連携して、ウィスキーの購入先を関連づけ、既存の顧客のデータ収集、潜在的顧客獲得のために情報を活用しています。

ブロックチェーン技術によって恩恵を受けるのは金融業界だけでなく、食品業界なども同様にブロックチェーンのイノベーションの波に乗ろうとしています。

特に酒業界では単価の高いものも存在していることから、ブロックチェーンによる製造管理、ブランド信用担保はこれからも進んでいくと見られています。
位置情報サービスとの提携もできますから、大きなビジネスチャンスが存在します。

ブロックチェーンを活用したビジネス構築に興味がありますか?

ブロックチェーンビジネスに興味がありますか?

アイディアだけお持ち下さい。
ブロックチェーンの知識は必要ありません。

  • ブロックチェーンプロダクトをゼロから立ち上げた経験やノウハウ
  • 世界トップクラスのパートナーシップ
  • 業界を問わないコンサルティング力

ブロックチェーン・ビジネスコンサルティングチームが、あなたのビジネスを成功させます。

業種・業界別でブロックチェーン技術の活用、導入に関する記事を探す

ブロックチェーンビジネスに
興味がありますか?