自動車売買、カーリース時の煩わしさを一層!ブロックチェーン技術で手間もコストも削減可能!

自動車売買、カーリース時の煩わしさを一層!ブロックチェーン技術で手間もコストも削減可能!

自動車販売とブロックチェーン

自動車販売、カーリース業界もブロックチェーン技術がによって革命が起こりうる業界の一つです。

現在、日本のみならず世界においても年々、新車、中古車ともに販売は減少傾向にあり、自動車市場ではそれぞれがシェアを競い合っています。
また、カーシェアリングやレンタカーなどの潮流もあり、厳しい状況であることは間違いありません。

理由はさまざまですが、自動車売買時における諸手続きの手間やコストなども一因であると言えます。

自動車売買時に必要な情報はかなりの量になります。
販売車両の情報から、販売者の身元、購入者の事故経歴や収入情報など様々な情報を収集し、記録、管理する必要があります。

現在でこそ、一部デジタル化されて保管されているものもありますが、その多くは未だ紙媒体でのやりとりが存在します。
特に、購入者が販売車両の製造情報や修理記録などを直接的に見ることは不可能で、製品の安全性や信頼性の可視化、という点においては改善が必要です。

以上のような問題もブロックチェーン技術を導入することで、販売者・購入者がともに納得して自動車売買をできます。

自動車販売にブロックチェーンを活用する方法

例えば、先述した自動車の部品などを製造する工程などもブロックチェーンに記録することによって、
どこの部品がどこでどのように作られたかをすぐに情報として得ることができ、有事の際に迅速に調査、原因追及が可能です。
ドライバーの命がかかわっているため、自動車部品の欠陥や、製造、運送などのエラーには細心の注意を払う必要があります。
そのラインで製造されたものにも同様の欠陥やエラーがないかすぐに確認、検品するためにも、
ブロックチェーンという透明性が高く、改ざんや不正が不可能なシステムに記録することが有用です。

さらに自動車リースにおいて、自動車売買同様、保険契約や決済時に多くの書類が必要でしたが、
スマートコントラクトを導入し、ぺーパーレスで契約、保険契約、決済までが完了するようになります。

スマートコントラクトとは契約の自動化のことであり、契約の条件確認や履行までを自動的に実行することができる仕組み

自動車販売にブロックチェーンを活用した日本の事例

日本だとTOYOTAがブロックチェーン技術に注目しており、
スマートコントラクト導入や、自動車のウォレット化というテーマのもと、研究開発を進めています。
これが実用されると、給油やドライブインでのサービスを受けるときにドライバーが財布を取り出すことなく、決済ができるようになります。

自動車売買、カーリースにおいて、ブロックチェーン技術が実用されれば安全性、透明性の向上につながり、
市場が盛り上がる可能性もあります。若者の車離れという言葉を最近はよく耳にしますが、
その解決策になり、今後の自動車業界のあり方を変えるものになることは間違いありません。

ブロックチェーンビジネスに興味がありますか?

ブロックチェーンビジネスに興味がありますか?

アイディアだけお持ち下さい。
ブロックチェーンの知識は必要ありません。

  • ブロックチェーンプロダクトをゼロから立ち上げた経験やノウハウ
  • 世界トップクラスのパートナーシップ
  • 業界を問わないコンサルティング力

ブロックチェーン・ビジネスコンサルティングチームが、あなたのビジネスを成功させます。

業種・業界別でブロックチェーン技術の活用、導入に関する記事を探す

ブロックチェーンビジネスに
興味がありますか?