ブロックチェーンと電子透かしで海賊版コンテンツを撲滅させる

ブロックチェーンと電子透かしで海賊版コンテンツを撲滅させる

ブロックチェーンと電子透かしで海賊版コンテンツを撲滅させる

 

漫画や書籍などの海賊版対策を強化する法律「改正著作権法」が2020年6月5日に可決、成立しました。改正された概要では、インターネット上の海外版対策の強化を目的とした、リサーチサイト対策や、著作権侵害コンテンツのダウンロード違法化などが対象となりました。

COVID-19によって自宅で過ごすことが多くなったこのご時世では、テレビやネットで映像を視聴する回数が増えることが予想され、それに伴い、海賊版の映画や漫画などがさらに増加する可能性が十分に考えられます。

ブロックチェーンは、対改ざん性や、追跡機能などから、海賊版のコンテンツから著作権を保護することが期待されています。

ブロックチェーンを使用した海賊版対策

Custos Media Technologiesはブロックチェーン技術と電子透かし技術を使い、海賊版の抑制を実現させています。

南アフリカのブロックチェーン開発会社Custos Media Technologiesは、配信システムや暗号通貨(ブロックチェーン)、機械学習(AI)、メディア透かし技術を開発しています。

Custos Media Technologiesによるブロックチェーン技術のCustosは、特許取得技術のブロックチェーンテクノロジーとフォレンジックウォーターマーキング(電子透かし技術)を組み合わせてたオンライン対策とバウンティーハンターの採用によるオフライン対策の双方からアプローチすることで、メディアのファイルを偽造させず、安全な管理を実現しています。

 

電子透かし技術とブロックチェーンを組み合わせることで、透かし機能で、コンテンツが外部に流出してないかどうかを常に追跡し、ブロックチェーン状にその情報を記録することで、情報の改ざんを不可能にするというソリューションを提供します。電子透かしは目では見えないので、コンテンツの視聴に支障はない状態で、著作権に違反した者を特定することができます。

 

Custosのテクノロジーとバウンティハンターの採用

 

バウンティハンターとは、賞金稼ぎのことであり、バウンティハンターは、課せられた目的を達成することで賞金を得ることができます。

 

Custos はコンテンツが外部に流出した場合に検出することができます。

Custos は漏洩されたコンテンツを見つけ出す手段としてバウンティハンターを採用しており、コンテンツメディアファイルの電子透かし技術内に暗号通貨の賞金を埋め込んでいます。
そして、バウンティハンターが海賊版のコンテンツをオンライン上で発見した際には、Custosにアラートが入り、発見者に報酬が支払われ、その一連の流れはブロックチェーン上に記録されます。

さらに、プラットフォーム内でCustosの電子透かし技術が埋め込んであるコンテンツに関しては、誰が流出させたのかまでもブロックチェーンで正確に追跡することが可能となります。

エンタープライズ向けサービス

 

Custosは、デジタルメディア保護のためのエンタープライズ統合サービスとしてクライアントのビデオ、オーディオ、電子ブック、またはドキュメントを保護しています。
エンタープライズ向けのサービスなため、既存サービスにCustosをAPI連携させることで簡単に統合することができます。そして既存のワークフローへの影響を最小限に抑えながら、メディアコンテンツの登録、割り当て、および監視を行うことができます。

 

Custosのブログによると、東京を拠点とするクライアントは、ホワイトラベルのSaaS製品を使用して、映画スクリーナーを日本中のバイヤーのネットワークに安全に配布しているそうです。

コロナ禍によって生活環境が大きく変化しています。デジタルコンテンツの普及が加速している今の時代に置いては、Custosのようにブロックチェーン技術を使って著作権を守るサービスは重要視されると考えられます。

ブロックチェーンを活用したビジネス構築に興味がありますか?

ブロックチェーンビジネスに興味がありますか?

アイディアだけお持ち下さい。
ブロックチェーンの知識は必要ありません。

  • ブロックチェーンプロダクトをゼロから立ち上げた経験やノウハウ
  • 世界トップクラスのパートナーシップ
  • 業界を問わないコンサルティング力

ブロックチェーン・ビジネスコンサルティングチームが、あなたのビジネスを成功させます。

業種・業界別でブロックチェーン技術の活用、導入に関する記事を探す

ブロックチェーンビジネスに
興味がありますか?