Kaleido社がHyperledger Fabricのサービスを開始

Kaleido社がHyperledger Fabricのサービスを開始

各種ブロックチェーンプラットフォームを提供しているBaaS専業企業のKaleido社がHyperledger Fabricのサービスを開始しました。

Kaleido社は、単にHyperledger Fabricのサービスを提供するだけでなく、周辺ツール、ダッシュボード、devops機能も合わせて提供することになる、と述べています。

「私たちのミッションは、高品質の分散型ネットワークをセットアップするための 簡単なボタン を企業に提供すること」としており、これらの周辺サポート機能により、例えばノードを作成する場合、ピアノードとオーダーノードの2つのタイプから容易に選択できることになります。(2021年6月更新のKaleido社ホームページより)

BaaS専業企業のkaleido社がHyperledger Fabricのサービスを開始

Kaleido社は、従来より提供していたCorda OSとEthereumの派生型であるQuorum、Go-EthereumおよびHyperledger Besuに加えてHyperledger Fabricを加えることにより3大エンタープライズブロックチェーン基盤に対応することになります。Hyperledger Fabricは他の基盤同様、限られた参加者により構成されるプライベートブロックチェーンで、秘匿性の高いデータを扱えます。「Hyperledger Fabricをサービスに加えることは、しばらく前から求められていた。私たちはFabricユーザーに最高のエクスペリエンスを提供したかった。」と、Kaleido社は述べています。Hyperledger Fabricは企業に人気のあるプロトコルのひとつで、メジャーなところでは、紛争鉱物の鉱山から製造業者へのトレーサビリティ実現、サプライヤー管理プラットフォーム、自動車のオンデマンド保険 等の活用事例があります。

Hyperledger Fabricについて

Linux Foundationによるブロックチェーン推進コミュニティーであるHyperledgerのプロジェクトのひとつとしてIBMが主導して開発したブロックチェーンプラットフォームがHyperledger Fabricです。他のプラットフォーム基盤と異なるユニークな点として、各参加者間で異なる台帳(サブレジャー)を共有することが挙げられます。また、R3のCorda,、ConsenSysのQuorum同様、大企業を開発母体に持つことは、将来に渡って安定的にサポートされるであろうことを意味します。

ブロックチェーンプラットフォームとひとくくりに言っても、個人向け、企業向け、ゲーム用途、金融用途といろいろあります。各プラットフォームとの比較は以下の通りです。詳細は「ブロックチェーンのプラットフォームは用途で選ぼう!開発基盤の特徴を解説」をご覧ください。

参考: https://trade-log.io/blog/695/

 

Hyperledger Fabricの現状

全世界のブロックチェーン開発者数をプラットフォーム毎に見てみると、Hyperledger Fabricが全体の60%、Corda, Quorumがそれぞれ十数%と続きます。

一方、Github Push Code数は、Cordaが突出しており、その後をHyperledger Fabric、Quorumが追う形となっています。

しかしながら開発者アクテビティー数においては、2020年の分散化アプローチにフォーカスしたHyperledger Fabric Version 2のリリース後は、Cordaに代わりトップの座につきました。

このように、Hyperledger Fabricの市場に占める割合は大きく、Kaleido社の参入は、多くのHyperledger Fabricユーザー及び開発者に恩恵を与えることでしょう。

また、あらたにブロックチェーンを導入する企業だけでなく、既にHyperledger Fabricを使っている企業がKaleido社に移行するケースも少なからず起きることが予想されます。

 

Number of developers per enterprise protocol 2020
Autonity Baseline Besu Corda Fabric Quorum
47 621 509 1130 4991 917
0.6% 7.6% 6.2% 13.8% 60.8% 11.2%

参考:https://chainstack.com/wp-content/uploads/2021/04/Enterprise-Blockchain-Protocols-Evolution-Index-2021-1.pdf?utm_medium=email&_hsmi=120887337&_hsenc=p2ANqtz-8CYga3gkeI2PLE3wb6asZuMzoDjuYnhHrRJtN7WJRPTIcidXmaIZZ6Qc-9PKyPOETCwwnMMA5nEwD9PQiAusBJTSyLsg&utm_content=120887337&utm_source=hs_automation

最後に

今回のKaleido社によるHyperledger Fabricのサービス開始は多くの開発者にとって選択肢を増やし、設計自由度を広げる意味で歓迎すべきものです。しかし一方で、エンタープライズブロックチェーン技術は、全体としてはまだ非常に初期段階で進化途上にあり、今後もダイナミックな展開が予想されます。Kaleido社のサービスにHyperledger Fabricが加わったことで、しばらくは業界全体の動きに目が離せなくなったことは確かです。

 

ブロックチェーンを活用したビジネス構築に興味がありますか?

ブロックチェーンビジネスに興味がありますか?

アイディアだけお持ち下さい。
ブロックチェーンの知識は必要ありません。

  • ブロックチェーンプロダクトをゼロから立ち上げた経験やノウハウ
  • 世界トップクラスのパートナーシップ
  • 業界を問わないコンサルティング力

ブロックチェーン・ビジネスコンサルティングチームが、あなたのビジネスを成功させます。

業種・業界別でブロックチェーン技術の活用、導入に関する記事を探す

ブロックチェーンビジネスに
興味がありますか?