ライブラリにブロックチェーン技術を導入することでメタデータ管理や情報収集がよりスマートになる!

ライブラリにブロックチェーン技術を導入することでメタデータ管理や情報収集がよりスマートになる!

メタデータを管理するライブラリとブロックチェーン技術

ライブラリーとブロックチェーンのイメージ画像

ブロックチェーンはライブラリにおいてもその有用性を発揮します。

ここでいうライブラリとは、図書館という意味ではなく、一部の記憶装置やソフトウェアを登録したウェブサイトなどのことです。
映像や文書、動画など、その形質にとらわれず、データなどをまとめて保管、管理するもののことを指します。

2017年12月、アメリカのサンホセ州立大学情報学部は、博物館や図書館のサービスを行っている公的協会から、ライブラリにおけるブロックチェーン技術導入の可能性を調べるために助成金を受けました。

このアメリカのサンホセ州立大学情報学部の研究員たちは、都市をはじめとした地域社会のコミュニティが、知りたい情報をより収集しやすくなるような仕組みをライブラリにブロックチェーン技術を導入することで実現しようとしています。
目的を実現させるためにはブロックチェーン技術の分散型台帳が重要となるため、研究が続けられています。

上記の通り、ブロックチェーンは分散型台帳という特徴があり、他にも永久的に記録されることや情報の改ざんが不可能な点なども、ライブラリの管理や運用において有用です。
中でも、メタデータアーカイブの構築においては先述したようなブロックチェーンの特徴が生かされます。

そもそもメタデータとはあるデータに付加されている、そのデータに関連している情報のことで、データについてのデータです。

このメタデータアーカイブの構築にブロックチェーン技術を導入することにより、ある一つのデータから広がる情報網が大きくなり、そして一つひとつが細分化されます。
中央集中型のアーカイブでデータを保管した場合、ハッキングの可能性やデータ故障の可能性があるので、
ブロックチェーンの分散型台帳で記録するほうが外部や不可抗力によるダメージを受けにくくなります。
また、ブロックチェーンはそれぞれのブロックを互いに関連付けて結びつけることが可能で、第三者による不正や改ざんも不可能です。
これにより情報は正しく記録され、関連性の高い情報もすぐに得ることができます。

今回はアメリカの大学による研究についてですが、その技術は映像業界、出版業界、どの業界においても実用できることは間違いありません。
データの正確性、関連性を高めるためのブロックチェーン技術の導入は今後、各方面で広がっていく可能性が高く、そのシステム構築を企業が熱心に研究、開発に取り組んでいます。

ブロックチェーンを活用したビジネス構築に興味がありますか?

ブロックチェーンビジネスに興味がありますか?

アイディアだけお持ち下さい。
ブロックチェーンの知識は必要ありません。

  • ブロックチェーンプロダクトをゼロから立ち上げた経験やノウハウ
  • 世界トップクラスのパートナーシップ
  • 業界を問わないコンサルティング力

ブロックチェーン・ビジネスコンサルティングチームが、あなたのビジネスを成功させます。

業種・業界別でブロックチェーン技術の活用、導入に関する記事を探す

ブロックチェーンビジネスに
興味がありますか?