ブロックチェーンプロジェクトで国際開発支援!

ブロックチェーンプロジェクトで国際開発支援!

国際協力のためのブロックチェーン技術を開発中

国際支援とブロックチェーンのイメージ画像

世界には天災や戦争・内紛などによって、衣食住の支援を必要としている人々が存在します。
彼らは慈善活動やチャリティー団体からももちろんですが、世界各国やNGO、NPOなどの支援を受けることもあります。
その中でも国際連合は、国際平和と安全の維持、経済・社会・文化などに関する国際協力を実現するものとして設立した国際機関であり、現在も難民や被災者に対して、より具体的な解決策を実行しています。

そしてこの国際連合はブロックチェーンの可能性に注目し、自分たちの活動に導入できるものとして、積極的に研究、開発を行っています。

国際連合は2018年9月末に「ブロックチェーン・コミッション」を立ち上げました。
これはブロックチェーン技術を通して、国連が掲げる持続可能な開発目標に関わる取り組みを進めていくチームです。

持続可能な開発目標の中には、貧困をなくす、飢餓を0にする、保健福祉を充実させるなどがあり、ブロックチェーン・コミッションは各国政府やNGO、民間企業のパートナーシップなどを中心に、世界をつなげていくものになります。

国際連合が取り組むブロックチェーンを活用したプロジェクト

国連ではブロックチェーンを活用したさまざまな取り組みを行っており、その一つが「ID2020」というプロジェクトです。

これはマイクロソフトとアクセンチュアの支援のもと、世界中に存在すると言われている公的身分証明を持たない人たちに、ブロックチェーンを活用したIDを付与するプロジェクトです。IDが付与されることにより、越境時の難民証明、学歴や経歴を証明することができます。

 

その他にも、国連世界食糧計画(WFP)は「ビルディング・ブロックス」というプロジェクトをスタートしています。
これもブロックチェーン技術により、飢餓撲滅運動を加速させるものです。

食料分配の際に、目の色彩をスキャンしたデータを用いることで食料提供スピードを上げ、不正行使やエラーを防ぐことができるとしています。
現在は試用運用中ですが、2030年までには世界中の食料問題を解決することを目標にしています。

これらはあくまで国際連合の活動の一部ですが、地方自治体レベルや草の根レベルでも数多くの取り組みが始まっており、どこもブロックチェーン技術導入に積極的です。
世界規模でブロックチェーンが活用されれば、人類にとって重要な役割を担うことは間違いありません。

ブロックチェーンを活用したビジネス構築に興味がありますか?

ブロックチェーンビジネスに興味がありますか?

アイディアだけお持ち下さい。
ブロックチェーンの知識は必要ありません。

  • ブロックチェーンプロダクトをゼロから立ち上げた経験やノウハウ
  • 世界トップクラスのパートナーシップ
  • 業界を問わないコンサルティング力

ブロックチェーン・ビジネスコンサルティングチームが、あなたのビジネスを成功させます。

業種・業界別でブロックチェーン技術の活用、導入に関する記事を探す

ブロックチェーンビジネスに
興味がありますか?