医療現場のさまざまな問題はブロックチェーン技術で解決ができる。解決方法と医療の現場で働く人も守るブロックチェーン技術の有効性

医療現場のさまざまな問題はブロックチェーン技術で解決ができる。解決方法と医療の現場で働く人も守るブロックチェーン技術の有効性

医療におけるブロックチェーンの可能性

ブロックチェーンと医療のイメージ画像

今回は医療現場について見ていきます。

医療現場は非効率な組織体制、経営体制や官僚主義、人件費の高騰など、さまざまな問題を抱えています。
結果的に長時間労働・休日出勤で重大な医療ミスに繋がり、悪循環に陥っている医院も少なくありません。

そんな医療現場における問題を解決できるソリューションとして、ブロックチェーン技術が注目されています。

ブロックチェーンの特徴を活用した医療現場の課題解決策とは

ブロックチェーンには以下のような特徴があります。

  • 高い透明性
  • データが半永久的に記録される
  • 分散型台帳機能

このような特徴は医療データを取り扱う医療機関や患者にとって重要です。

 

ブロックチェーン技術を使うことによって、曖昧にされがちなコンプライアンス(法令順守)データセキュリティの面の安全性が向上するだけでなく、医療従事者の資格や執刀歴などにおいても、より信頼性が担保された情報として記録することができます。

ブロックチェーンをデータ管理に用いることで、患者のプライバシーが守られ、医療従事者は患者の正しい情報を手に入れることができるので、本人確認や書類の審議について確認する作業を簡略化することが可能となります。

また医師免許や資格を記録しておくことにより、経歴詐称防止や経験値を正しく確認することができるので、病院側のリスクヘッジができ、患者側も安心して治療を受けることができます。

現状、患者のカルテも病院ごとに様式が異なったり、患者が必要な時に確認できないという点もブロックチェーンを使い複数の医療機関同士が協力しブロックチェーンプラットフォームを共有化することで様式を統一することで、別々の医療機関同士が正確なカルテや医療情報をシームレスに確認することができるようになります。

医療データのような機密性の高いものはブロックチェーンの暗号化、秘密鍵の機能を使い、第三者は確認できないような仕組みを取ることができるので、患者のプライバシーを守ることができます。

ブロックチェーン技術と医療品の流通

さらに医薬品の流通においてもブロックチェーン技術は有効です。

医薬品の製造者によって、医薬品に製造番号のように1つ1つを識別できるような独自のIDを付けることで、サプライチェーン上の医薬品の流れを管理し、偽薬がチェーンに紛れ込むのを防げます。

医療現場においては、ブロックチェーン技術を用いたプラットフォームの構築は未だされておりませんが、患者情報のデジタル化やAI導入などブロックチェーン技術との融和性が高いことは間違いありません。

人命に関わることなので、認証試験や実験を繰り返して、ブロックチェーン技術を用いたプラットフォームが患者ファーストなものになることが期待されています。

そして、医療分野におけるブロックチェーンのビジネスチャンスとしては、治療、投薬、手術データをデジタル資産として扱えるところにあります。

医療業界において、ブロックチェーン技術を導入することによるメリットは多くあります。

ブロックチェーンを活用したビジネス構築に興味がありますか?

ブロックチェーンビジネスに興味がありますか?

アイディアだけお持ち下さい。
ブロックチェーンの知識は必要ありません。

  • ブロックチェーンプロダクトをゼロから立ち上げた経験やノウハウ
  • 世界トップクラスのパートナーシップ
  • 業界を問わないコンサルティング力

ブロックチェーン・ビジネスコンサルティングチームが、あなたのビジネスを成功させます。

業種・業界別でブロックチェーン技術の活用、導入に関する記事を探す

ブロックチェーンビジネスに
興味がありますか?