メタバースが注目を集めている理由とブロックチェーンとの関係性について

メタバースが注目を集めている理由とブロックチェーンとの関係性について

メタバースとは

メタバースとは、インターネット上で広がる三次元の仮想空間を総称した呼び方です。

常時オンラインになっている仮想環境のネットワークであり、多くの人が自分自身の仮想表現(またはアバター)を操作しながら、互いに対話したり、デジタルオブジェクトを操作したりできます。

今回はこのメタバースが注目を集めている理由とブロックチェーンとの関係性ついてご紹介します。

注目されるメタバースとブロックチェーンとの関係性

注目されるメタバースとブロックチェーンとの関係性

メタバースを実現し、多くの人が安全に利用できるようになるためには、ブロックチェーン技術が欠かせません。

メタバースに関わりの深い以下の3つの技術には、ブロックチェーンが活用されています。

  • Web3.0
  • NFT
  • 暗号通貨

それぞれを解説します。

Web3.0を基盤としたシステム

Web3.0を基盤としたシステム

現在多くの企業がメタバースの開発を進めており、今後はWeb3.0というブロックチェーン技術を中心につくられる次世代のインターネットが基盤になるとされています。

ブロックチェーン技術により、従来の国家や大資本企業などのサーバーが支配した中央集権型ではなく、全てのユーザーが情報を管理し自由にやり取りができる分散型へと変わります。

NFTによる価値の所有

NFTによる価値の所有

Web3.0が基盤のメタバース内ではアイテムやSNSのアイコン、絵画、音楽などさまざまなデジタルアートでNFTが使われます。

NFTはメタバース内で所有するだけでなく、現実の世界でも通用する価値を所有することになります。NFTによって、デジタルアートであっても資産価値を保有できるようになります。

NFTによる価値の紐付けを可能にするのがブロックチェーン技術であり、これまでとは大きく変わる経済形態、経済圏を実現します。

暗号通貨による取引

暗号通貨による取引

暗号通貨のウォレットは本人のIDとリンクできるため、メタバース内で現実の車や家の購入など、法的検証が必要な取引も容易にすることができます。

またアクセスするすべてのWebサイトと仮想世界のログイン情報を覚えておく必要もなく、ウォレットをクリックするだけでログインできます。IDに関連付けられたウォレットは、メタバースの年齢制限のあるエリアへのアクセスを制御することもできます。

暗号通貨は発行量が規定されているため、メタバース域内でインフレが生じないという利点もあります。

まとめ メタバースが注目を集めている理由とブロックチェーンとの関係性について

今後、ますます発展していくメタバースにおいて、ブロックチェーン技術は多くのメリットをもたらします。

これまでのメタバースの活用はオンラインゲームや仮想ライブといった限られた目的にとどまっていましたが、メタバース×Web3.0という仮想世界を介してアクセスができる新たなインターネット世界が現実になろうとしています。

このきっかけとなったのは紛れもなく近年注目を集めた暗号通貨やNFT業界であり、ブロックチェーン技術なのです。

ブロックチェーンを活用したビジネス構築に興味がありますか?

ブロックチェーンビジネスに興味がありますか?

アイディアだけお持ち下さい。
ブロックチェーンの知識は必要ありません。

  • ブロックチェーンプロダクトをゼロから立ち上げた経験やノウハウ
  • 世界トップクラスのパートナーシップ
  • 業界を問わないコンサルティング力

ブロックチェーン・ビジネスコンサルティングチームが、あなたのビジネスを成功させます。

業種・業界別でブロックチェーン技術の活用、導入に関する記事を探す

ブロックチェーンビジネスに
興味がありますか?