トヨタのブロックチェーンを用いた知的財産の証拠保全の取り組み

トヨタのブロックチェーンを用いた知的財産の証拠保全の取り組み

トヨタのブロックチェーンを用いた知的財産の証拠保全の取り組み

 

トヨタ自動車株式会社と分散型台帳ソフトウェアの研究開発及び提供を行っている
株式会社
Scalar 的財産の係争対応のためのプラットフォームである “Proof Chain of Evidence”
(以下、PCE)の試験運用を開始しました。

プロジェクト背景

自動車業界の開発競争は依然勢いがあり、快適な車の開発に向けて自動車にさまざまなIT技術が導入さ
れてきています。それに伴い、トヨタやホンダなどの日本を代表する企業の技術的な知的財産の係争に関するニュースもよく耳にするかもしれません。係争に備えるためには社内の知的財産を証明するために電子公証やタイムスタンプのサービスを使い知財の管理を徹底する必要がありますが、以下のような課題があります。

  • 膨大なプロジェクト関連資料それぞれに対するタイムスタンプの付与
  • 特許対応が必要な20年間、継続した公証の更新(電子署名1~3, タイムスタンプ10年での更新が必
    )
  • グローバル展開しているそれぞれの国への特許の継続・管理

これらの課題を解決するためにPCEの試験運用が始まりました。

Proof Chain of Evidence (PCE)

PCEは以下のケースの証拠保全を大量のデータに対し行います。

  1. 電子データがいつ存在していたのか (WHEN)
  2. 電子データがどの順序で存在していたのか (SEQUENCE)
  3. 電子データが存在していた時点から、これまで改ざんされていないのか (WHAT)
  4. 上記について、10 年を越えて証明する (LONG-TERM)

(引用: https://news.microsoft.com/ja-jp/2022/03/31/220331-proof-chain-of-evidence/)

これによりトヨタは係争対策用の証拠保全を行うことができます。

また今後は、外部企業との共同研究開発時の知財管理にも応用利用していく予定です。

使われている分散台帳技術

株式会社Scalarが開発した “Scalar DL” という分散台帳技術を利用しています。
Scalar DL は同社が開発したブロックチェーンにインスパイアされた独自の分散台帳プラットフォームで高いデータ改竄防止性と可用性、拡張性を持ちます。
今回のPCEでは主に改竄の検知機能を担っています。証拠となる電子データとその電子データにトラス
トサービスで得たタイムスタンプを付与した際に発行されるタイムスタンプ・トークンをScalar DLに記
録する機能をPCE内で担っています。

まとめ

今回は知財管理に関する事例をご紹介しました。
トヨタによる実証実験ののち、分散台帳技術で特許管理にかかるコストを下げることが普及すれば
日本企
業の国際的な競争力の強化につながるかもしれません。

 

( 関連記事 )

トヨタ自動車が、Microsoft Azure を基盤とする知財 DX プラットフォーム「Proof Chain of Evidence」をスタートアップ企業の Scalar と構築

分散型台帳ソフトウェアScalar DLを体験できる「Scalar DL Sandbox」の一般利用を開始

Getting Started with Scalar DL

 

 

ブロックチェーンを活用したビジネス構築に興味がありますか?

ブロックチェーンビジネスに興味がありますか?

アイディアだけお持ち下さい。
ブロックチェーンの知識は必要ありません。

  • ブロックチェーンプロダクトをゼロから立ち上げた経験やノウハウ
  • 世界トップクラスのパートナーシップ
  • 業界を問わないコンサルティング力

ブロックチェーン・ビジネスコンサルティングチームが、あなたのビジネスを成功させます。

業種・業界別でブロックチェーン技術の活用、導入に関する記事を探す

ブロックチェーンビジネスに
興味がありますか?