航空業界におけるブロックチェーン技術の活用について【利便性と安全性を向上する】

航空業界におけるブロックチェーン技術の活用について【利便性と安全性を向上する】

航空業界におけるブロックチェーンの可能性

ブロックチェーンと航空業のイメージ画像

今回は航空業界におけるブロックチェーン技術の活用について解説していきます。

航空業界においては大きく分けて2つのポイントでブロックチェーン技術が有効であります。

  • 航空チケット・予約管理
  • 航空機の安全性

それぞれを解説します。

航空チケット・予約管理

チケット・予約管理

航空業界におけるブロックチェーン活用のポイント1つ目は、航空チケット・予約管理です。

チケットの発券、管理にブロックチェーン技術を導入することは多くの部分でメリットがあります。

例えば購入者の名前、誕生日、クレジットカード番号、出入国管理の詳細、目的地、場合によってはホテルやレンタカー情報なども必要になるときがあります。航空券の購入には様々な情報が必要です。

これらの入力や照合にあらゆるコストがかかっていることは言うまでもありません。あらかじめチケットに情報を記録しておけば、窓口などでの面倒な手続きは省かれ、旅行者も販売者もスムーズに対応することができます。

さらに、スマートコントラクト(スマートコントラクトとは契約の自動化のことであり、契約の条件確認や履行までを自動的に実行することができる仕組み)も導入し、航空券の情報管理を行えば、チケットの販売や入場までの手続きが簡易化する可能性があります。

ブロックチェーンやスマートコントラクトを導入した航空券は世界中のどこからでも確認することができ、セキュリティ面も安心安全に取り扱われます。リアルタイムに情報を自分で確認することができれば、キャンセルやチケット変更もその場ですぐに対応することができます。

そしてチケットは紙媒体からデジタル化され業務効率も上がるので、コストダウンを実現することができます。

 

航空機の安全性

航空機の安全性

航空業界におけるブロックチェーン活用のポイント2つ目は、航空機の安全性です。

ブロックチェーンには、航空機に関わる様々な情報を記録することで、安全性や透明性を向上できます。機体の損傷やメンテナンス情報のみならず、必要な部品の調達経路や、素材、メンテナンスを行った作業員の経歴まで記録可能です。

これらの航空機に関わる情報をブロックチェーンを用いて管理することで、データをプラットフォームで共有、見える化することができます。

プラットフォーム上の情報を関係者間でリアルタイムに確認することで、航空機の安全性を向上させます。これにより、航空機のメンテナンス不備やエラーが発生する可能性を減少できます。

その結果、乗客は安心して旅行を楽しむことができます。

 

まとめ 航空業界でのブロックチェーン技術の活用について

まとめ 航空業界でのブロックチェーン技術の活用について

今回は、航空業界におけるブロックチェーン活用について解説しました。

チケット発行や予約管理にブロックチェーンを活用することで利便性を向上できます。

また、航空機のメンテナンス情報にブロックチェーンを活用することで安全性を向上できます。

世界ではブロックチェーン技術が航空業界ですでに活用されています。

今後もその技術活用が広まっていくとともに、世界のユースケースを参考に日本の航空業界でもブロックチェーンの導入が進んでいくことでしょう。

ブロックチェーンを活用したビジネス構築に興味がありますか?

ブロックチェーンビジネスに興味がありますか?

アイディアだけお持ち下さい。
ブロックチェーンの知識は必要ありません。

  • ブロックチェーンプロダクトをゼロから立ち上げた経験やノウハウ
  • 世界トップクラスのパートナーシップ
  • 業界を問わないコンサルティング力

ブロックチェーン・ビジネスコンサルティングチームが、あなたのビジネスを成功させます。

業種・業界別でブロックチェーン技術の活用、導入に関する記事を探す

ブロックチェーンビジネスに
興味がありますか?