予測市場でブロックチェーン導入により、最大配当を受け取ることが可能!?

予測市場でブロックチェーン導入により、最大配当を受け取ることが可能!?

予測市場でブロックチェーン導入により、最大配当を受け取ることが可能!?

予測とブロックチェーンのイメージ画像

人々はあらゆる手段や方法を使って、自分たち、もしくは他者や物事の予測をしようとしてきました。
身近なところだと天気予報などがあげられますが、競馬などもその例になります。

予測市場とブロックチェーン

今回は予測市場とブロックチェーンの関わりについてみていきます。

先ほど例に挙げた競馬市場を見ていきます(今回は賭けやギャンブル的なものとしてではなく、予測市場としてです)。

現在の予測市場は競馬でいう、JRAのような中央集権管理者の存在があります。
この中央集権管理者は以下のような役割を担っています。

  • 配当(オッズ)の管理、算出
  • 結果の選択
  • 掛け金の集金、配当(オッズ)の分配

この他にも競馬でいうと、進路妨害や落馬、順位の判定などをするのも中央集権管理者であるJRAの役割です。

ですが、この中央集権管理者の存在により生まれる予測市場のリスクがあります。

中央集権管理による予測市場のリスク

例えば、中央集権管理者の役割にもある掛け金配当についてです。

中央集権管理により集金、配当を行っていますが、管理者が配当(オッズ)を改ざんしたり、事実とは異なる結果を選択することもあり得ます。
またこの不正を防ぐこともブラックボックスになっているため、現実的に不可能です。

また管理者が意図的に払い戻しをしなかったり、想定外のトラブルによって経営ができなくなったりしたときに、
配当を支払うことができなくなってしまうこともあります。

結果的に参加者は配当を受けることができないということになります。

そして、中央集権管理者がいるということは、参加者からの掛け金から運営のコストが支払われているので、
実際にベットする人は平均するとベットする元金を下回る掛け金になります。

中央集権管理者のリスクを解消するためのブロックチェーン技術

このような問題を解決しうるものがブロックチェーンです。

ですが、ブロックチェーン単体で解決できるのではなく、いくつかの要素が必要になります。
スマートコントラクトもその一つです。

スマートコントラクトとは契約の自動化のことであり、契約の条件確認や履行までを自動的に実行することができる仕組み

各々の予測と配当(オッズ)、結果をブロックチェーン上に記録します。
スマートコントラクトを導入すれば、その時の配当(オッズ)、結果にしたがって自動的、機械的に払い戻しが可能になります。
つまり中央集権管理者がいなくとも、改ざんが不可能で、透明性が担保されることになります。
すべて人を介さず行われるので決済期間の短縮や人的コストの削減にもつながります。

 

スマートコントラクトのほかにも、コンセンサスアルゴリズムの設計が必要です。

コンセンサスアルゴリズムとは合意形成上のルールを定めることで、参加者全員の合意形成を行うことで、取引の透明性を担保します。

つまり、ネットワークに参加している人(競馬においてはベットした人全員)が結果となるデータをネットワークに対して提案し、どのデータを結果として扱うのか、全員で合意形成する、ということです。
この合意形成するためのルールを設計することで、ネットワーク参加者が納得のいく結果を選択できるようになります。

このように予測市場において、ブロックチェーンの透明性やスマートコントラクトによるコスト削減は現在の問題を解決する大きな可能性を持っています。
うまく使うことによって全員が納得のいくフローで、最大の配当(オッズ)を受けることができることができます。
最終的にサービス利用者も増えるので、ブロックチェーンによって市場が盛り上がることは間違いありません。

ブロックチェーンを活用したビジネス構築に興味がありますか?

ブロックチェーンビジネスに興味がありますか?

アイディアだけお持ち下さい。
ブロックチェーンの知識は必要ありません。

  • ブロックチェーンプロダクトをゼロから立ち上げた経験やノウハウ
  • 世界トップクラスのパートナーシップ
  • 業界を問わないコンサルティング力

ブロックチェーン・ビジネスコンサルティングチームが、あなたのビジネスを成功させます。

業種・業界別でブロックチェーン技術の活用、導入に関する記事を探す

ブロックチェーンビジネスに
興味がありますか?