スイス鉄道、ブロックチェーン認証情報管理システムで職場の安全を向上、業務の効率化図る

スイス鉄道、ブロックチェーン認証情報管理システムで職場の安全を向上、業務の効率化図る

スイス連邦鉄道は従業員情報をID化して、紙管理からデジタル管理へ

スイス連邦鉄道(SBB)は建設現場の従業員の安全向上のために、ブロックチェーンベースの認証情報管理システムの概念実証(PoC)を2018年5月~11月に完了させました。
スイス連邦鉄道には、3万人の従業員と数千の建設現場があり、そこでは様々なライセンスを持っている企業・人々が存在しています。
どの現場に、どのライセンスを所有している人がいるのか、労働時間を毎回紙ベースで記録していたため、管理のためのコストがかかり、効率も非常に悪い状態でした。

現場で働く人々がどのようなライセンスを持っているのかを確認し、労働時間の管理を効率化するために、スイス鉄道はuPortのオープンソーステクノロジを使用して、ブロックチェーン認証情報管理システムの実証実験を行いました。

uPortとは、サービス利用時における身分証明をより安全、かつより簡単に行えるようにするためのプラットフォームです。

従業員の情報管理を効率化するための概念実証では、従業員はモバイルデバイスのuPortアプリでデジタルIDを作成し、SBBは適切な研修を受けたことを証明する証明書を発行しました。

モバイルデバイスでIDを登録・勤怠管理

スイス連邦鉄道の建設現場における参加者は、モバイルデバイスでuPortのアプリケーションをダウンロードします。アプリケーションで登録したIDを使い、建設現場にチェックインすることができます。

uPortを使用すると、鉄道従業員、認証局、および監督者は、それぞれのuPort IDにリンクされた唯一無二のデジタルIDを持つことができ、ブロックチェーン上のIDに固定されます。内部データベースを監査できるように、従業員が建設現場にチェックイン・チェックアウトする度にアクティビティのハッシュがブロックチェーンに公開されます。
ブロックチェーン上に個人の情報が開示記録されることで、どの現場に誰が今働いているかなど労働に関する情報を改ざんされることなく、データベース上に記録・管理することができます。

所有ライセンスのデジタル証明の発行

市や鉄道教育グループが発行したQRコードをアプリでスキャンすることで、デジタルブロックチェーン認証情報を証明する証明書を発行することが出来ます。QRコードをスキャンすると、アプリはトランザクションを承認し、証明書を受け取ることができます。そして、受け取った証明書はアプリのuPort IDにリンクされて表示されます。この機能により、誰がどのようなライセンスを持っているのか正しい情報を確実に管理、認証することが可能となります。

また、スイスのツーク市では、2017年頃からuPortのテクノロジーを使って、ブロックチェーン上でデジタルID(Zug ID)による住民登録が行われています。このアプリはZug IDなどの市の行政機関によって承認されたIDにも接続が可能です。スイスの都市ツークで、地元住民はZug IDを使用して、新興企業であるAirBieが提供する自転車のロックも解除することができます。
このように、すでにスイスの生活にブロックチェーン技術が普及し始めています。スイス連邦鉄道を始めとして、今後もブロックチェーンが労働現場に導入されていくことでしょう。

ブロックチェーンビジネスに興味がありますか?

ブロックチェーンビジネスに興味がありますか?

アイディアだけお持ち下さい。
ブロックチェーンの知識は必要ありません。

  • ブロックチェーンプロダクトをゼロから立ち上げた経験やノウハウ
  • 世界トップクラスのパートナーシップ
  • 業界を問わないコンサルティング力

ブロックチェーン・ビジネスコンサルティングチームが、あなたのビジネスを成功させます。

業種・業界別でブロックチェーン技術の活用、導入に関する記事を探す

ブロックチェーンビジネスに
興味がありますか?