生鮮流通のDX推進にブロックチェーンを活用

漁業物流

東京都内で魚屋を展開する「sakana bacca(サカナバッカ)」がブロックチェーン技術を活用し、漁獲物のトレーサビリティ情報を提供する取り組みを行うと発表しました。
この取り組みは「江戸前フィッシュパスポートフェア」と題し、中目黒店と豪徳寺店にて9月24日から10月7日と、10月15日から10月28日の期間に開催されます。

東京湾で資源管理を実践し持続可能な漁業を推進する株式会社大傳丸、有限会社中仙丸が漁獲した江戸前のスズキやタチウオなどの魚を対象として、漁獲・加工・流通・販売までの水産バリューチェーン情報をデジタル化するとのことです。

水産バリューチェーンをデジタル化するために「IBM Food Trust」を利用しており、消費者は商品に貼付された二次元バーコードをスマートフォン等で読み取ることで「誰が」、「いつ」、「どこで漁獲した魚で」、「どのように自分の手元まで届けられたのか」という情報を取得できるようになります。

sakana bacca(サカナバッカ)について

「sakana bacca(サカナバッカ)」は株式会社フーディソンが運営元であり、食べて美味しいだけではなく、見て、知って、食べて楽しむ体験型の鮮魚店です。
今回の取り組みは、いつも食べている魚は誰が漁獲して、どのような経路を通ってお店に届いたのかという情報を消費者に提供し魚食の安全性・信頼性を高めるとともに、江戸前の魚食文化が現代まで続くことを実感してもらうために実施されます。

IBM Food Trustについて

「IBM Food Trust」は食品システム全体の透明性、トレーサビリティ、および信頼を向上させるクラウドを活用した IBM ブロックチェーン・ソリューションです。
ブロックチェーン基盤には「Hyperledger Fabric(ハイパーレジャーファブリック)」が利用されており、食品の原産地、取引明細、加工情報など改変不能の共有記録を通して、関係者同士をつなぎます。

この仕組みによって、生産者や加工業者、卸売業者、流通業者、製造業者、小売業者等の協業ネットワークであり、食品サプライ・チェーン全体の可視性と説明責任を強化します。

最後に

トレーサビリティにブロックチェーン技術を活用している事例は、国内外問わずあります。
その中でも、私たちの健康に関わる魚食を題材に紹介しました。
今回の取り組みによって魚食の安全性・信頼性が高まり、魚食が拡大することを期待します。

ブロックチェーンを活用したビジネス構築に興味がありますか?

ブロックチェーンビジネスに興味がありますか?

アイディアだけお持ち下さい。
ブロックチェーンの知識は必要ありません。

  • ブロックチェーンプロダクトをゼロから立ち上げた経験やノウハウ
  • 世界トップクラスのパートナーシップ
  • 業界を問わないコンサルティング力

ブロックチェーン・ビジネスコンサルティングチームが、あなたのビジネスを成功させます。

業種・業界別でブロックチェーン技術の活用、導入に関する記事を探す

ブロックチェーンビジネスに
興味がありますか?