農業を変えるために:IBMとYaraの提携

農業を変えるために:IBMとYaraの提携

農業を変えるために:IBMとYaraの提携

 

Yara International(Yara)とIBMは、デジタル農業プラットフォームを構築することに同意しました。この契約では、総合的なデジタルサービスの提供と即時の農学的アドバイスが想定されており、世界クラスの農学と最先端の技術が組み合わされます。

「私たちのコラボレーションは、農業に真の変化をもたらすという共通の目標を中心にしています。責任を持って増加する人口を養うためには、農家が森林伐採を避けるために既存の農地で食料生産を増やすことが重要です。YaraとIBMは、プロの農家や小規模農家が持続可能な方法で収量、作物の質、収入を向上させるために農業慣行を最適化できるようにするデジタルソリューションを開発します。」
YaraのEVPセールス&マーケティング担当Terje Knutsen氏は述べています。

 

Yara Internationalは、作物栄養の世界的リーダーであると主張しています。
IBMのテクノロジーを使用して構築される「Digital Farming Platform」により、次のことが可能になります。

• 農民の畑のデジタル版の作成
• 高度な解析、気象データ、衛星画像を統合
• 生産改善を推進する洞察と行動力を農民に提供

 

本質的には、YaraとIBMは、共同で以下の革新を行うことで、食料生産に大きな変革をもたらす共同のビジョンを中心としています。

• デジタル農業ソリューションの商品化
• 世界的な食料生産の増加

 

IBMのグローバルマネージングディレクター、コンシューマーインダストリーズのLuq Niazi氏は、次のように述べています。

「このコラボレーションは、AI、ビッグデータ管理、ブロックチェーンテクノロジーにおけるIBMの機能と、Yaraの農業知識、農家中心のデジタルイノベーション、そして世界中の農業の改善における実績の集結です。」

 

YaraとIBMのパートナーシップは、農場最適化のあらゆる側面に焦点を当てます。たとえば、コラボレーションの1つの特定の分野は天気データです。気象条件に最適に対応する能力は、農業を成功させるために重要です。

IBMのWatson Studio、IBM PAIRSテクノロジー、The Weather Company、およびその他のサービスからの分析的洞察をYaraの作物知識およびモデリング機能と組み合わせることによって、この共同プラットフォームは以下のことを実現します。

• 局所的な天気予報の提供
• 個々の畑や作物の特定のニーズに合わせた、実用的な推奨事項をリアルタイムで提供

 

共同デジタル農業プラットフォームの拡大は、以下の機能をもたらします

• トレーサビリティ
• サプライチェーン効率化
• 食品偽装、食品廃棄物への対処法習得
• 農業の持続可能性を提示

 

このYara / IBMの取り組みのより興味深い側面は、食料の一次生産から最終消費までの流れに農場を結び付けるときに起こります。これは食品偽装対策を講じるだけでなく、フードトラスト(食品への信頼)を通じて生産者と消費者、そしてその間のすべての参加者間のつながりを改善します。

 

昨今、消費行動が、単純に安いものを買うというものではなくなってきています。
全国の1次産業者から直接食材を購入できるサービス「ポケットマルシェ」は、食材ができるまでのストーリーが付加価値となり、消費者の購買意欲を掻き立てています。
また、消費者と生産者が繋がる仕組みづくりのため、田舎で身寄りのない農家の方にとっては生きがいに繋がったり、孫ができたと感じられることもあるようです。
このように、テクノロジーの進歩によって生産者と消費者の距離は近くなりつつあるのです。更に、ブロックチェーンの利用が進めば、「安心・安全」「より近づくと考えられます。

ブロックチェーンビジネスに興味がありますか?

ブロックチェーンビジネスに興味がありますか?

アイディアだけお持ち下さい。
ブロックチェーンの知識は必要ありません。

  • ブロックチェーンプロダクトをゼロから立ち上げた経験やノウハウ
  • 世界トップクラスのパートナーシップ
  • 業界を問わないコンサルティング力

ブロックチェーン・ビジネスコンサルティングチームが、あなたのビジネスを成功させます。

業種・業界別でブロックチェーン技術の活用、導入に関する記事を探す

ブロックチェーンビジネスに
興味がありますか?