環境問題はブロックチェーン技術で守ることができる。その取り組み方と日本での事例

環境問題はブロックチェーン技術で守ることができる。その取り組み方と日本での事例

環境問題、資源管理におけるブロックチェーン

今回はリサイクル、資源管理について見ていきます。

2018年にWEF(世界経済フォーラム)において、地球が直面している環境問題をブロックチェーンが解決する可能性があるとして、報告書が発表されました。

ブロックチェーンが環境問題の一つの解決策として取り上げられたこのレポートは、環境問題のほかにも、IoTやAI知能についてもブロックチェーンとの関わりを示唆しています。

ブロックチェーンが解決する環境問題

このレポートではまず、現在の地球が直面している6つの問題に焦点をあてました。
その問題とは以下です。

  1. 気候変動
  2. 大気汚染
  3. 自然災害
  4. 生物多様性の損失
  5. 海洋衛生の悪化
  6. 水不足

これらの問題に対して、ブロックチェーン技術が活用され、解決するチャンスがきているという見解を明確に示しています。

ブロックチェーン技術が解決する温室効果ガス問題

例えば、上記の問題のうち、大気汚染や海洋衛生の悪化などは、二酸化炭素を始めとする有害物質が空気中、もしくは水中に流れこむことによって発生します。
これを国家が主体となり、企業や会社の排出量を管理することを提言しました。
つまり、製造業者の倉庫から店頭販売まで、ブロックチェーン技術を用いて一括管理を行うことで、ムリ、ムダなく、効率的に製造、販売ができ、
環境破壊や自然破壊を防げるということです。
特に、二酸化炭素の排出による地球温暖化は深刻な状況です
ブロックチェーン技術を活用して、二酸化炭素排出量を記録、開示することができれば、製造業者はカーボンタックスを恐れて、
排出量を抑えるための商品開発をするでしょう。

結果的に大気汚染は抑えられ、環境問題解決の糸口になります。

日本における環境問題へのブロックチェーン技術導入事例

実は日本においても、森林の「二酸化炭素吸収量」や「生態系の保全状況」などを明確化するための
フォレストック認定制度を高い安全性、信頼性のもと、運営、管理している会社があります。

株式会社フォレストックのフォレストック認定制度は、二酸化炭素の吸収量や生態系の保全レベルが一定以上であると、
優良な森林として認定していて、「CO2クレジット」を配布しています。このクレジットで集まった資金で、
認定を受けた森林での林業機械の購入や林道の整備などをすることが可能です。

環境問題についてどう取り組んでいくべきか

日本では「2030年までにCO2などの温室効果ガスを26パーセント(2013年度比)削減する」という目標設定をしており
それに向けた取り組みの一つとしてこの森林保護も行われています。

しかし、現在、環境問題解決におけるブロックチェーン技術システムの多くは、試験段階にあります。
世界的にも環境問題は一刻も早く解決することが望ましい中、ブロックチェーン技術が環境問題解決において重要な役割を担うことは明確です。
ブロックチェーン技術を使えば、コストを削減しながらスピード感を持って解決することができます。

ブロックチェーンを活用したビジネス構築に興味がありますか?

ブロックチェーンビジネスに興味がありますか?

アイディアだけお持ち下さい。
ブロックチェーンの知識は必要ありません。

  • ブロックチェーンプロダクトをゼロから立ち上げた経験やノウハウ
  • 世界トップクラスのパートナーシップ
  • 業界を問わないコンサルティング力

ブロックチェーン・ビジネスコンサルティングチームが、あなたのビジネスを成功させます。

業種・業界別でブロックチェーン技術の活用、導入に関する記事を探す

ブロックチェーンビジネスに
興味がありますか?