5G時代に注目される Kinetic Chain Technologyにブロックチェーンはどのように影響するか

5G時代に注目される Kinetic Chain Technologyにブロックチェーンはどのように影響するか

5G時代に注目される Kinetic Chain TechnologyとAI、IoT、ブロックチェーンの役割

 

5G時代の到来は、DX(デジタルトランスフォーメーション)にも大きく関係しており、既存事業をさらに加速させることが期待されています。クラウド、IoT、AI、ブロックチェーンが、5G時代における『4種の神器』と呼ばれるほど注目を集めているのです。しかし、

  • 実際にIoT、AI、ブロックチェーンはどのように5G時代に影響していくのか?
  • 自社のビジネスに取り入れていく上でどのような考え方が必要なのか?

こうした疑問や課題を抱える企業も多いです。DXの重要性を肌で感じていても、具体的に何をすれば良いかわからない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、『5G時代に注目される Kinetic Chain TechnologyとAI、IoT、ブロックチェーンの役割』について詳しく解説をしていきます。

この記事を読めば、5G時代にブロックチェーンがどのように活用されていくのかがわかります。

kineticイメージ画像

5G時代に注目される Kinetic Chain Technology

5G時代に注目される Kinetic Chain Technology

これから急速に発展を遂げることが予測される5Gの時代において、Blockchain Business Media(BBM)ではKinetic Chain Technologyというキーワードに注目しています。

Kinetic Chainとは

Kinetic Chainは、生理学においてある目的のために様々な関節や筋肉が連動して動く事を指す用語です。

ひとつの関節で運動が生じるとその影響が隣接する関節に波及し、結果として目的を達成するために身体のさまざまな部分が動きます。このように単体ではあまり意味をなさない筋肉や関節であっても、それが集合し連結する事で大きなパフォーマンスを発揮します。

このような運動の連鎖やそれによって得られる効果をKinetic Chainと言います。

5G時代に期待されるKinetic Chainの効果や分野

5G時代に注目される Kinetic Chain Technology

5G時代においては複数のテクノロジーの連携によって、さまざまな相乗効果が期待されています。

例えば、5Gの主要素はeMBB(高速・大容量通信)、mMTC(同時大量端末接続)、URLLC(高信頼・低遅延通信)の三つで、もちろん各要素ごとに大きなポテンシャルを秘めていますが、それぞれの特徴が連結することによって大きなインパクトを与えることができます。

この三要素の融合は、遠隔医療のロボット手術などコンマ数秒のタイムラグであっても致命的な事故になりかねないものや、自動運転工場内製造ラインの制御や、瞬時に発生させる必要のあるアラート等に絶大なソリューションを提供することが期待されています

 

AI×5Gの融合で起こる相乗効果とデータ革新

現在、5Gの多くの実証実験において、特にIoT分野が急成長を遂げると見られています。IoTはモノとインターネットを接続するいわゆる回路の役割を担うものです。

つまり、どんなに効率・高速・大容量化してもその情報が活用されなければ、期待を上回るパフォーマンスを発揮することができません。

そこで注目されているのがAIと5Gの連結です。

5GによってIoTセンサからの大量のリアルタイムデータ送信が可能となり、AIの学習量と効率を飛躍的に向上させます。推論データの高精度化を促進させることによって、様々な分野でのソリューションが期待されています。

エッジコンピューティングとローカル5Gが実現すること

また、エッジコンピューティングとローカル5Gという取り組みが今後本格化していきます。

エッジコンピューティングとは

エッジコンピューティングとは、データをネットワークを通してクラウドに転送する際に生じる莫大なコストやタイムラグによるネットワークの遅延、サービスダウンなど致命的な障害を回避するために、データをサーバーに送らず端末機器に近いローカルデバイスで一旦処理することでリアルタイムの情報伝達と分析・処理を可能にするものです。

外部からのアタックにさらされる可能性のあるクラウドサービスなどにデータを送らずにローカルデバイスでデータ処理を行うことが可能なため、情報漏洩のリスクを軽減することができます。

ローカル5G

ローカル5Gは所有する工場やビルなどの建物内や敷地内で独自の5G環境を構築し、公衆ネットワークを経由せず環境を独占利用することです。eMBB(高速・大容量通信)、mMTC(同時大量端末接続)、URLLC(高信頼・低遅延通信)の3つの特性をフル活用できる取り組みです。

(一部 NavyPapar May 2020より引用)

【AI、ブロックチェーンが連動している最新事例】

AI、ブロックチェーンが連動している最新事例をご紹介します。

デンソーに次ぐ世界3位の自動車部品メーカーであるHyundai MOBIS(韓国)では、AIとブロックチェーンを活用した新しいリソース管理統合システムMAPSを構築しました。

物流センターをはじめとする国内35,000店に及ぶ部品販売店や整備業者、そして海外の200カ国以上のディーラー等約10万人以上が部品の購入や品質管理のために利用することができるシステムです。

自動車の補修用部品が純正品ではない場合、事故につながる可能性が非常に高いです。一部の国では、違法模倣部品が流通しており、安全上の問題が懸念されています。そのため、部品が純正かどうかを確認するためにブロックチェーンが活用しました。

さらにAIを組み合わせることで、全世界の部品の生産と物流過程をリアルタイムに管理することが可能になり効率的なサプライチェーンの構築に成功。AIやブロックチェーン等の複数の最先端技術を複合的に活用することによって相乗効果を発揮したソリューションです

詳しくは下記の記事も参考にしてください。

<<あわせて読みたい>>

今後発展するKinetic Chain Technology

IoTが情報を収集し、AIが分析、ブロックチェーンが蓄積し、スマートコントラクトとAIによる判定によって、あらゆる産業のバリューチェーンの自動履行が可能になります。

例えば製鉄所のような物理的に隣接する範囲内でのコンソーシアムを構築することで、取引をブロックチェーン上のプラットフォーム内で完結させることができます。

分散型共通台帳による規格の統一やリアルタイム制御など様々なセキュリティ・契約要件に応じたアカウンタビリティやトレーサービリティを実現させるとともに、IoTセンサから収集される膨大なデータを高速で解析し、効率的にナレッジの共有を行うことができます。

また、ローカル5Gによる無登録機器を拒否するネットワークの導入によって、コンソーシアム外の競合他社からはどのベンダーから、どの価格で何を仕入れているのかといった情報を秘匿する高いプライバシー性能を兼ね備えることが可能になります。

 

まとめ Kinetic Chain TechnologyとAI、IoT、ブロックチェーンの役割

まとめ Kinetic Chain TechnologyとAI、IoT、ブロックチェーンの役割

今回は、Kinetic Chain TechnologyとAI、IoT、ブロックチェーンの役割について解説しました。

5G時代では、エッジコンピューティング、ローカル5G、IoT、AI、ブロックチェーンがKinetic Chain Technologyとして、一つの目的に向かって筋肉が連動するかのごとくソリューションを提供していきます。

それぞれのテクノロジーが運動連鎖することによって、ビジネスチャンスや新しい価値が生み出されていくのです。

御社でもブロックチェーンの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

ブロックチェーンを活用したビジネス構築に興味がありますか?

ブロックチェーンビジネスに興味がありますか?

アイディアだけお持ち下さい。
ブロックチェーンの知識は必要ありません。

  • ブロックチェーンプロダクトをゼロから立ち上げた経験やノウハウ
  • 世界トップクラスのパートナーシップ
  • 業界を問わないコンサルティング力

ブロックチェーン・ビジネスコンサルティングチームが、あなたのビジネスを成功させます。

業種・業界別でブロックチェーン技術の活用、導入に関する記事を探す

ブロックチェーンビジネスに
興味がありますか?