【インダストリー4.0】スマートファクトリーの実現にブロックチェーン技術を活用した事例

【インダストリー4.0】スマートファクトリーの実現にブロックチェーン技術を活用した事例

ブロックチェーンをスマートファクトリーに活用!

製造業の生産性を高める手段として、スマートファクトリーが注目されています。

スマートファクトリーとは、工場の機械をインターネットと接続し(IoT化)、製造状況を可視化・エネルギーの最適化など、ITを活用して生産を効率化することです。

このスマートファクトリーにも、ブロックチェーン技術が活用されています。

 

スマートファクトリーを実現する「インダストリー4.0」

スマートファクトリーを実現する「インダストリー4.0」とは?

スマートファクトリーはドイツ政府が製造業全体の生産性を向上させることを目的とした国家プロジェクトで「インダストリー4.0」(第4次産業革命)として推進されています。

製造業や輸送、エネルギーなどの分野においてスマートファクトリーを導入することで、システムによる最適化・コストの削減が可能となります。スマートファクトリーによって効率化を図ることで、工場の生産性を向上させることにも有効です。

しかし、インダストリー4.0は現在の中央集権型のセキュリティシステムでは複雑な処理に向きません。

 

スマートファクトリーには「自律的」であり「スピードの速い」「0タッチの作動が可能な」セキュリティや、機械やデバイスは自らを保護するために機器同士の相互連携も必ず必要となります。

 

スマートファクトリーを実現した事例

非中央集権的なシステムでセキュリティの課題を解決し、工場生産におけるスマートファクトリーを実現させたプロジェクトをご紹介します。

 

アメリカ カリフォルニア州の Xage Security社は、産業用Iotとしてブロックチェーンで保護されたセキュリティプラットフォームを発売しました。

Xageは、分散型セキュリティプラットフォームであり、機器同士のセキュリティを保護するためのブロックチェーンテクノロジーが組み込まれています。

中でもXage Security Gatewayという機能は、中央集権型から独立したリアルタイム操作を可能とし、ネットワーク内のノード間で同一のセキュリティデータをネットワーク全体に配布・分散できます。これにより、ブロックチェーンで保護された改ざん不能な「ファブリック」を形成することでセキュリティを保護します。

さらに、デバイスがネットワーク上に参加したときに、デバイス間で認証することによってそのネットワークを保護します。Xageはマルチウェアに感染したデバイスを識別することができるので、問題があると識別されたデバイスはネットワークから分離されるのです。

Xageは、製造、電力、エネルギーなどの業界と協力することで、分散型プラットフォームのインフラを提供し、セキュリティとIoTのエキスパートとして活躍を続けています。

 

まとめ スマートファクトリーの実現とブロックチェーンの活用について

まとめ スマートファクトリーの実現とブロックチェーンの活用について

近年の製造業では一人ひとりの属性や、消費行動に基づいてユーザーの好みにあったものを提供する「パーソナライズ」された製品やサービスを作るために生活環境の開発が日々進められています。

スマートファクトリーのような先進的な工場によって集められたデータは、サイバーフィジカルシステムの理論を取り入れることでより飛躍的に成長すると考えられています。

サイバーフィジカルとは、現実世界で集められたデータをサイバー世界で蓄積・分析し、解析したデータを現実世界にフィードバックする仕組みです。

ブロックチェーン技術とサイバーフィジカルシステムやスマートファクトリーは相性が良いため、今後のIoT化には欠かせない存在となるに違いありません。

ブロックチェーン技術は、スマートファクトリーの実現にますます活用されていくことでしょう。

ブロックチェーンを活用したビジネス構築に興味がありますか?

ブロックチェーンビジネスに興味がありますか?

アイディアだけお持ち下さい。
ブロックチェーンの知識は必要ありません。

  • ブロックチェーンプロダクトをゼロから立ち上げた経験やノウハウ
  • 世界トップクラスのパートナーシップ
  • 業界を問わないコンサルティング力

ブロックチェーン・ビジネスコンサルティングチームが、あなたのビジネスを成功させます。

業種・業界別でブロックチェーン技術の活用、導入に関する記事を探す

ブロックチェーンビジネスに
興味がありますか?