ドバイ国営銀行、ブロックチェーンを使用した金融機関間でのデータ共有を開始

ドバイ国営銀行、ブロックチェーンを使用した金融機関間でのデータ共有を開始

ドバイ国営銀行、ブロックチェーンを使用した金融機関間でのデータ共有を開始

 

ブロックチェーンに関連する話題を取り扱うニュースサイトledgerinsightsによると、ドバイ経済開発(以下:DED)と国営銀行のエミレーツNBDは、「UAE KYC ブロックチェーンプラットフォーム」と呼ばれるKYC(本人確認)済みユーザーデータを交換できるプラットフォームの稼働を始めたと発表しました

UAE KYC ブロックチェーンプラットフォーム

「UAE KYC ブロックチェーンプラットフォーム」は、デジタル上で顧客情報の管理や銀行口座機能などを有し、金融機関間の本人確認済みデータを共有するものであり、すでに120の国内企業が加盟しています。
このプラットフォームを利用することでリアルタイムで更新される顧客データを引き出すことができるようになり、銀行口座の開設が即座に可能になります。
最初にこのプラットフォームを稼働させるのは、デジタルビジネスに特化した銀行であるE20であると発表されました。E20の他にドバイ商業銀行やアブダビ商業銀行、HSBC、ラック銀行なども参加予定だと発表されました。

DEDの事業者登録・ライセンス部門の最高責任者であるオマル・ブシャハブ氏は「このプロジェクトは、金融機関によるKYCデータの共有と企業が即座にデジタル化を進めるという、UAE全体のエコシステムを確立する上で重要なマイルストーンとなる。重要な戦略としてデジタル化とペーパーレス化を進める政府のビジョンと一致している」と述べ、今回のプロジェクトは政府が進めるデジタル化の計画に沿ったものであることを強調しました。

政府主導のデジタル化

ドバイでは現在、政府がデジタル化の推進を強化しています。
「UAE KYC ブロックチェーンプラットフォーム」はUAE中央銀行や政府が支援するイノベーションプロジェクト「スマートドバイ」などの協力で進められています。「スマートドバイ」は、2021年までにドバイをスマートシティ化するロードマップです。これを実現するために、ブロックチェーンを活用した仮想通貨戦略、電子政府化による行政サービスの効率化、エネルギーの最適活用など多岐にわたって検討を進めています。
今回のシステムはブロックチェーンを使ったKYC技術を開発し、スリランカ中央銀行が運営する同様のシステムにも関与しているnorblocが協力しています。このシステムにおいてブロックチェーンは単にデータが保存されているメモリの容量を確保し、データ自体は同社のp2pプロトコルを使用して当事者間で共有されます。同社CEOのアスチャナックス・カナカキス氏は「UAEは、データ共有のために国を挙げてブロックチェーンベースのエコシステムを導入した世界で最初の国」と先進性を強調しました。

norblocとは

norblocとはKYCに準拠したデータ管理のための安全なプラットフォームを構築するためのシステムです。「SANCUS」、「ATLAS」、「FIDES」の3つのプラットフォームを組み合わせて、データ管理を行います。「SANCUS」は顧客の機密KYCデータをシームレスに導入、評価、管理するためのプラットフォームです。「ATLAS」は組織内で機密性の高いKYCデータを追跡・共有するためのプラットフォームです。「FIDES」は複数の組織間での外部KYCデータ共有に対応したプラットフォームです。これらを組み合わせることで上記のようなサービスが展開できるようになるのです。

元帳はHyperledger Fabricですが、EthereumおよびR3のCordaでもテストされています。

 

今後世界中でドバイのようにブロックチェーンを活用し、行政の効率化から多岐にわたる事業分野におけるIT化の促進が行われていくでしょう。

ブロックチェーンを活用したビジネス構築に興味がありますか?

ブロックチェーンビジネスに興味がありますか?

アイディアだけお持ち下さい。
ブロックチェーンの知識は必要ありません。

  • ブロックチェーンプロダクトをゼロから立ち上げた経験やノウハウ
  • 世界トップクラスのパートナーシップ
  • 業界を問わないコンサルティング力

ブロックチェーン・ビジネスコンサルティングチームが、あなたのビジネスを成功させます。

業種・業界別でブロックチェーン技術の活用、導入に関する記事を探す

ブロックチェーンビジネスに
興味がありますか?