エネルギー企業が顧客管理にDTL(分散型台帳技術)を。PoCへで費用対効果を検討

エネルギー企業が顧客管理にDTL(分散型台帳技術)を。PoCへで費用対効果を検討

エネルギー企業が顧客管理にDTL(分散型台帳技術)を採用!PoCへで費用対効果を検討!

 

2020年5月11日
ブロックチェーン開発会社のBillonは、ポーランドのエネルギー大手企業Tauronとの概念実証(PoC)への取り組みを発表しました。

 

Tauron は国営の公益事業会社であり、ポーランドで2番目に大きい電力会社です。
同社は国内550万人以上の顧客にサービスを提供しています。

 

Tauronは、使いやすく優れたセキュリティを誇るエンタープライズDTL(分散型台帳技術)を得意とするBillonのドキュメント管理ソリューションを活用し、バリューチェーン全体のビジネスコストを最適化させます。

 

このPoCでは、紙ベースの契約に変わってデジタルソリューションを活用することで、費用対効果を高く維持しつつ、安全な通信を顧客に提供できるかをテストします。PoCにおけるブロックチェーンノードのホストには、Microsoft Azureクラウドが使用されます。

 

実ビジネスで活用が見込まれるBillonのエンタープライズDTL

 

エネルギーに関する契約は複雑であり、多くの紙を伴う事務処理が発生する場合が多々あります。
本プロジェクトは、この事務処理に掛かるコストをブロックチェーンテクノロジーで大幅に削減させようとしています。

 

BillonのエンタープライズDLTは、General Data Protection Regulation(=GDPR、EUの一般データ保護規則)の規制要件を満たしているためデジタルID管理、デジタルドキュメントの共有、署名による完全なデジタルビジネスコミュニケーションを実現可能にしています。

 

そのため、COVID-19が世界的に蔓延しているこの状況下でも、デジタルソリューションを介して契約処理を行うことで、郵送に頼らずに安全に契約に関する送受信を行うことができ、紙の処理と送料の両方を節約することができます。

 

Tauron管理委員会の社長であるFilip Grzegorczykは次のようにコメントしています。「Tauronは、エネルギー生産から顧客関係まで、バリューチェーン全体で運用を合理化し、ビジネスコストを最適化するソリューションを探しています。顧客サービスを促進するための安全なデジタルツールを導入することにより、デジタルテクノロジーの重要性と消費者によるそれらの広範な使用に対応します。」

規制に準拠したブロックチェーンプラットフォーム

 

ビジネスにおいて活用されやすいブロックチェーンプラットフォームの特徴として、今回の例でもそうでしたが、その国や事業分野における規制に準拠したプラットフォームであることが挙げられます。

規準に準拠したブロックチェーンプラットフォームの主なメリット

・導入企業の業務効率アップ、紙ベースの取り組みを削減でき処理にかかるコストを削減
・規制当局や顧客の情報の提供が容易になる
・横断的な情報共有によって業界全体の作業効率を向上させることがでいる
・団体所属者、自治体のプライバシーは同一のプラットフォーム内でも保護される
・ブロックチェーンの採用により有事の際にもダウンしない高セキュリティシステム

 

基準を遵守したブロックチェーンプラットフォームについての事例として、医療データ管理についての取り組み事例も昨今は出てきています。COVID-19による影響で、DX(デジタルトランスメーション)が国内でも盛んに取り組まれている中、今国外で行われている事例は、今後の国内市場で参考になることが多いかもしれません。

ブロックチェーンを活用したビジネス構築に興味がありますか?

ブロックチェーンビジネスに興味がありますか?

アイディアだけお持ち下さい。
ブロックチェーンの知識は必要ありません。

  • ブロックチェーンプロダクトをゼロから立ち上げた経験やノウハウ
  • 世界トップクラスのパートナーシップ
  • 業界を問わないコンサルティング力

ブロックチェーン・ビジネスコンサルティングチームが、あなたのビジネスを成功させます。

業種・業界別でブロックチェーン技術の活用、導入に関する記事を探す

ブロックチェーンビジネスに
興味がありますか?