【ブロックチェーンエンジニアになるには?】将来性や必要なスキル、年収、仕事内容を解説

【ブロックチェーンエンジニアになるには?】将来性や必要なスキル、年収、仕事内容を解説
【ブロックチェーンエンジニアになるには? 必要なスキルやなり方を解説

「ブロックチェーンエンジニアになりたいけど、どんなことを勉強すればいいの?」

「ブロックチェーンエンジニアになったらどんな仕事をするの?」

そんな疑問をお持ちの方も多いと思います。エンジニアとして手に職をつけたいと思っていても、目指すべき方向性がわからないと上手く進むことができません。

そこで今回は、ブロックチェーンエンジニアになるために勉強するべきことや、仕事内容などを解説します。

この記事を読めば、ブロックチェーンエンジニアがどういうものかを知ることができ、エンジニアとして活躍するための方法がわかります。

<<あわせて読みたい>>

【ブロックチェーン開発とは?】メリットや活用法、注意点、開発事例を紹介

ブロックチェーンエンジニアとは?

ブロックチェーンエンジニアとは

ブロックチェーンエンジニアとは、その名前の通りブロックチェーン技術を活用してシステムやサービスを開発するエンジニアのことです。

しかし、ブロックチェーン技術を活用した開発といっても、

  • ブロックチェーン基盤そのものを開発する
  • スマートコントラクトを利用したサービス(Dapps)を開発する

いずれかよって求められる知識や業務内容が異なります。

この記事では、その両方について触れていくため、読者には自身が進みたいエンジニア像を思い描きながら読み進めてもらえればと思います。

<<あわせて読みたい>>

スマートコントラクトとは?メリットや活用事例、注意点をわかりやすく解説

ブロックチェーンエンジニアの将来性

ブロックチェーンエンジニアの将来性

ブロックチェーンエンジニアの将来性は高いと言えます。なぜなら、ブロックチェーンエンジニアとして活躍できる人はまだまだ少なく、ブロックチェーンエンジニアを求める求人は非常に多いからです。つまり、非常に需要の高い職種といえるのが、ブロックチェーンエンジニアです。

ブロックチェーン技術は、仮想通貨(ビットコイン)によって大きく話題となり、現在は金融分野以外にも活用される技術となっています。しかし、さまざまな分野で活用され始めている技術にもかかわらず、ブロックチェーンの知識や開発経験者がまだまだ少ないのが現状です。

2021年9月1日に政府で新たにデジタル庁が設立され、現在もWeb3.0に向けたブロックチェーンの活用について議論されています。今後もメタバースへの展開やNFTマーケットプレイス、DAO(分散型自律組織)等のブロックチェーン技術を基盤としたサービスの開発に向けて、ブロックチェーンエンジニアを募集する企業はますます増えると考えられます。

<<あわせて読みたい>>

【Web3とは?】ブロックチェーンが何を実現するのか?徹底解説

ブロックチェーンエンジニアの年収

ブロックチェーンエンジニアの年収

ブロックチェーンエンジニアの年収は、持っているスキルや求人に応じて振れ幅はありますが、経験を積むことで平均約900万円から1200万円程度になります。

一般的なシステムエンジニアの給与は、平均466万円から613万円といわれているので、だいたい2倍近く差があることになります。

(参考:給与BANK(https://kyuryobank.com/it/blockchain.html))

中央管理者を必要としないブロックチェーン技術は、Web3.0の実現に向けて必要な技術となっています。そのため、今後のIT社会を支えうる存在ですが、エンジニアが不足していることもあり、高い給与が設定されていると考えられます。

<<あわせて読みたい>>

【トレーサビリティとは?】わかりやすく簡単に解説!その意味や必要性、メリットについて

ブロックチェーンエンジニアの仕事内容

ブロックチェーンエンジニアの仕事内容

ブロックチェーンエンジニアの仕事は、主に以下の2つに分類されます

  • DAppsの開発
  • 独自のブロックチェーンの開発

それぞれを解説します。

DAppsの開発

DApps(Decentralized Applicationsの略称)は、ブロックチェーンがもつスマートコントラクトという仕組みを利用したアプリケーションのことで、中央管理者を持たずに管理を行うことができます。(分散型アプリケーションともいう。)

DAppsの開発は「Ethereum(イーサリアム)」というブロックチェーンプラットフォームで行われることが多いのです。その理由は、ビットコインなどと比較してイーサリアムは自由度の高い開発ができるからです。

そのため、DAppsの開発を行う場合は、ブロックチェーンの基礎知識に加えて、「Ethereum(イーサリアム)」やスマートコントラクトに対する知識を深めておくと良いでしょう。

DAppsはいろいろな分野に利用することができますが、ここでは2つ例を記載します。

DAppsの分野解説
DeFi・ペイメントサービス銀行などのように特定の管理者を介さずに、ユーザ間だけで送金・着金をすることができます。
ゲームゲーム内で手に入れたアイテムなどをトークンとして発行して、ユーザ間で売買ができます。

独自のブロックチェーンの開発

ブロックチェーン技術を活用して顧客にサービスを提供するにあたり、顧客によっては既存のブロックチェーンでは要望を満たせないことがあります。その時に、既存のブロックチェーンパッケージに機能の追加や、要求に合わせたブロックチェーンの開発が必要となります。

独自のブロックチェーンを開発するにあたって、ブロックチェーンの理論や仕組みなど高い知識と実装力を求められます。

独自のブロックチェーンを活用している例を2つ記載します。

ブロックチェーン名解説
LINE BlockchainLINEが独自開発したブロックチェーンで、LINE NFTなどにも利用されています。
KSIガードタイム社が開発したブロックチェーンで、大規模に分散されたデータの改ざんをリアルタイムで検知できます。

<<あわせて読みたい>>

【ブロックチェーンの種類とは?】違いや特徴、活用事例をわかりやすく解説

ブロックチェーンエンジニアに必要なスキル

ブロックチェーンエンジニアに必要なスキル

ブロックチェーンエンジニアになるためには、主に以下の3つの知識やスキルが必要です。

  • 暗号に関する知識
  • ブロックチェーン技術の知識/理解
  • プログラミングに関する知識

それぞれを解説します。

 暗号に関する知識

ブロックチェーンはデータを暗号化したうえでネットワーク上に記録する仕組みを持っているため、暗号技術に関する知識は必須となります。ブロックチェーンでは、ハッシュ関数、公開鍵暗号方式、電子署名といった暗号技術が利用されているため、これらの技術に関して知識を深めると良いでしょう。

また、ブロックチェーンはデータをブロック単位で保有し、そのブロックを繋げることで時系列順に管理する技術ですが、このあたりを学ぶときに合わせてハッシュ関数について学ぶとブロックチェーンの仕組みをより理解することができます。

ブロックチェーン技術の知識/理解

ブロックチェーンを活用するためには、ブロックチェーンの仕組みやメリット・デメリットを正確に把握することが必要です。このことを理解できていないと、従来型のデータベースを活用したほうが適切な場合だったとしても、ブロックチェーンを利用してしまうことで余計な工数やコストがかかる場合があります。

ブロックチェーンはあくまでも目的を実現するための手段に過ぎません。分散型のブロックチェーンを選ぶべきか、従来型の中央集権的なデータベースを選ぶべきは、実現したい目的によって変わります。

<<あわせて読みたい>>

【ブロックチェーンの7つのメリット】デメリットもわかりやく解説

プログラミングに関する知識

ブロックチェーンを開発するにあたり、通常のシステムと同様にプログラミングの知識は必要となります。例えば、仮想通貨関連のシステムには「C++」や「C#」が使われ、スマートコントラクトを扱うのであれば「Solidity」を利用するなど、構築したいシステムや仕組みに応じて適切な言語を選定する必要があります。

次の項目では、ブロックチェーン開発に必要な言語をいくつかピックアップして紹介します。

ブロックチェーンの開発で必要なプログラミング言語

ブロックチェーンの開発で必要なプログラミング言語

ブロックチェーンを開発するうえで使われるプログラミング言語を4つ取り上げて紹介します。

  • C++
  • JavaScript
  • Solidity
  • Go

ここで取り上げた言語以外にも、ブロックチェーンの開発に使える言語はあるので、既に自身が経験したことがある言語でも実装可能な場合もあります。

それぞれを解説します。

C++

C言語にオブジェクト指向が追加され、サーバー再度のプログラミング開発に活用できる特徴を持っている言語です。金融系のブロックチェーンに利用されており、代表的な例を挙げるとビットコインがあります。

JavaScript

JavaScriptはWebページで複雑な機能を実行できるようにする特徴を持っている言語です。ブロックチェーンを活用したWebアプリケーションを作成する場合に、活用されます。

Solidity

Solidityはブロックチェーン上で実行されるスマートコントラクトを記述するために活用され、JavaScriptやC++の文法に似ている言語です。

スマートコントラクトの開発に使われるため、金融、非金融問わずに押させておくべき言語です。

Go

Go言語は記述のシンプルさと処理速度が速い特徴を持っている言語です。処理速度が速いことから、マルチコアやネットワーク化されたシステムの開発に適しており、「Dropbox」でも活用されている言語になります。

<<あわせて読みたい>>

【ブロックチェーンの仕組みとは?】特徴や基礎をわかりやすく解説

まとめ ブロックチェーンエンジニアになるには?

まとめ ブロックチェーンエンジニアになるには?

今回は、ブロックチェーンエンジニアになるために必要なことを解説しました。

ブロックチェーンエンジニアとなるためにはプログラムの実装力だけではなく、ブロックチェーンの仕組みや暗号化に対する知識を深める必要があります。

しかし、これらの知識をつけておくことで、これからWeb3.0に向けた取り組みにも対応できる人材になれます。

将来性が期待されるブロックチェーンですが、ブロックチェーン開発には独特のノウハウや注意点があります。ブロックチェーンやスマートコントラクトを活用したシステム開発は、トレードログ株式会社・株式会社リッカにご相談ください。

ブロックチェーンを活用したビジネス構築に興味がありますか?

ブロックチェーンビジネスに興味がありますか?

アイディアだけお持ち下さい。
ブロックチェーンの知識は必要ありません。

  • ブロックチェーンプロダクトをゼロから立ち上げた経験やノウハウ
  • 世界トップクラスのパートナーシップ
  • 業界を問わないコンサルティング力

ブロックチェーン・ビジネスコンサルティングチームが、あなたのビジネスを成功させます。

業種・業界別でブロックチェーン技術の活用、導入に関する記事を探す

ブロックチェーンビジネスに
興味がありますか?