オンラインで買うダイヤモンドが本物か、ブロックチェーンで確かめる

オンラインで買うダイヤモンドが本物か、ブロックチェーンで確かめる

オンラインで買うダイヤモンドが本物か、ブロックチェーンで確かめる

 

2020年8月25日Ledger Insightsは、ブロックチェーン開発会社のEverledgerが中国最大のECサイトであるJD.comと、米国宝石学会(GIA)との提供したことを発表しました。

こちらの提携は、ダイヤモンドの真正性を検証することのできるブロックチェーンソリューションをECサイトで実装することで、オンライン上で購入することができるダイヤモンドに対しての信頼性を高めることを目的としています。

ダイヤモンド業界に強いEverledger

Everledgerは様々な業界にソリューションを提供しており、ダイヤモンド業界においては、世界第2位のダイヤモンド採掘業者であるALROSAなどと強いパートナー関係を結んでいます。
今回の米国の非営利団体であるGIAは、ダイヤモンドの認証の世界的権威とみなされています。
このようなパートナー関係によりEverledgerのダイヤモンドに関するブロックチェーンソリューションは確固たるものとなっています。

EverledgerJC.comとGIAの提携

こちらの提携により、GIAダイヤモンドの持つグレーディングレポート(ダイヤモンドの鑑定書)情報を記録管理するEverledgerのブロックチェーンプラットフォームと、JD.com独自の偽造防止、追跡ブロックチェーンプラットフォームJDchainの2つのブロックチェーンをつなぐブロックチェーン相互運用性ソリューションが共同開発されました。

こちらの共同開発により、スマートフォンのアプリケーションやWEBのサイトを使って、独自に検証されたダイヤモンドであるという鑑定証明書と出所情報が消費者に提供され、本物かどうか消費者が確認できるようになります。

COVID-19におけるダイヤモンド市場

COVID-19以前は、ダイヤモンドは対面での販売が主流でしたが、COVID-19による影響で対面での販売が激減し、ダイヤモンドをオンラインを通じて買うという転換が余儀なくされています。しかし、オンラインを使った購入は、ダイヤモンドが本物かどうか確認することが、対面で購入する時よりも困難となります。
この度の提携はこのような問題を解決することが期待されています。

 

オンラインで買うダイヤモンドに信頼性を持たせる

JD.comとの協力により、ダイヤモンドのグレーディングレポートの詐欺を抑制することが期待されています。JD.comのプラットフォームではサプライチェーン上の製品を追跡することで偽造を防止する機能を持っており、同じダイヤモンドのレポートが重複して使用されていることを特定し、不正な製品を確実に排除することが可能となります。また、JD.comは消費者に対して不正行為や詐欺行為を回避する方法などについて解説するライブストリームの公開も計画しており、消費者側の教育も行うことが予定されています。

Everledgerによるプレスリリースでは、Everledgerの最高執行責任者であるChris Taylor氏は次のように述べています。
「Eコマースの成長を考えると、ダイヤモンド市場においての詐欺行為は悪影響が及びます。最先端のブロックチェーンをもたらすことでテクノロジー、オンライン・ラグジュアリー・ショッピング、そしてGIAのゴールド・スタンダード・グレーディングの専門知識が一緒になることで、JD.comは、安全で信頼できる情報にアクセスすることができます。」

Everledgerは偽造品を抑制するためのソリューションの提供を様々な業界に対して行っています。以前、当サイトでもEverledgerのワインについての事例を紹介しました。
COVID-19による影響で、高級品の対面販売機会が減少してくる可能性がある現代ではEverledgerのダイヤモンドに関するソリューションや、ECサイトの真正性の証明が重要になってくると考えられます。

ブロックチェーンを活用したビジネス構築に興味がありますか?

ブロックチェーンビジネスに興味がありますか?

アイディアだけお持ち下さい。
ブロックチェーンの知識は必要ありません。

  • ブロックチェーンプロダクトをゼロから立ち上げた経験やノウハウ
  • 世界トップクラスのパートナーシップ
  • 業界を問わないコンサルティング力

ブロックチェーン・ビジネスコンサルティングチームが、あなたのビジネスを成功させます。

業種・業界別でブロックチェーン技術の活用、導入に関する記事を探す

ブロックチェーンビジネスに
興味がありますか?