ブロックチェーンとAIを使ったスマートシティで車の渋滞を無くす

ブロックチェーンとAIを使ったスマートシティで車の渋滞を無くす

ブロックチェーンとAIを使ったスマートシティで車の渋滞を無くす

 

駐車場イメージ画像

2020年11月12日に、ケンブリッジに本社を置く人工知能ラボであるFetch.aiと、エンタープライズブロックチェーンソリューションを提供するDatarella GmbHが提携し、年間34,000トンのCO2排出量削減を可能にする駐車場のスマートシティの実証実験をドイツのミュンヘンで開始することを発表しました。

 

fetch.aiよると、2018年米国で最も渋滞していた都市において渋滞の原因を作った理由のうち30%が駐車場のスぺースを探していたためであり、その経済的損失は870億ドルとなっていました。

 

Fetch.aiとDatarella GmbHは協力して、渋滞の原因となる駐車場を探す手間を省き、利用者がより効率的に駐車場を見つけられるソリューションを開発し、スマートシティの実証実験を開始しました。

渋滞を解消する実証実験

スマートシティの実証実験はブロックチェーンベースのAI技術を利用して、ドイツミュンヘンのConnex Buildingsビジネスセンター付近で行われます。

今後は市内中心部の商業用不動産施設にスマートモビリティソリューションが提供される予定です。

この実証実験は、分散型ネットワークを介して駐車場の所有者と駐車場を必要とする利用者に対して利用可能な駐車場を検索し、事前に予約をすることができるため、運転して探す手間なく、目的地まで運転することができます。

この駐車場の検索時に、利用者が需要の低い駐車場を選び、駐車した場合には、利用者はデジタル通貨(トークン)を獲得することができる仕組みとなっています。

付与されるトークン量は、駐車場の使用率によって異なります。

実際に、需要の低い駐車場に利用者の車が駐車されると、車両等と紐づけられたウォレットアドレスにトークンが自動で付与されます。

このスマートモビリティソリューションにより、混雑時に駐車場にアクセスしようとする交通渋滞を減らすことが期待されています。

Fetch.aiは自律型AIエージェント AEA(Autonomous Economic Agents)が用いられています。

Fetch.ai AEAとは自立経済主体を作成することができ、所有者に経済的価値を生み出すことを目標として、所有者に変わり人工知能機能で独立してタスクを機能的に処理を行うことができるツールです。

 

Fetch.ai によるリリースでは、Fetch.aiの最高経営責任者であるHumayun Sheikh氏は以下のように述べています。
「Fetch.aiは、複雑な調整タスクを実行するための自律型AIエージェント(AEA)を構築およびカスタマイズするための分散型フレームワークを提供します。私たちのビジョンは、分散型ネットワークを介した自動化を可能にするために、デジタル経済と現実の経済を接続し、従来のデータの使用方法を変えます。」

 

Datarellaの最高経営責任者であるMichael Reuter氏は、次のように述べています。
「家主と市議会は、駐車スペースの管理を最適化して、交通の流れを整理し、通勤者の渋滞を防ぎながら、企業テナントのすべての従業員が駐車できるようにすることに関心を持っています。私たちのシステムは、ミュンヘンのCO2排出量の大部分を占める混雑を減らしながら、トークン配布システムを通じて公共交通機関の使用を奨励しています」

 

このシステムを通じて、Fetch.aiとDatarellaは、ミュンヘン市内の総汚染を削減し、2021年以降の排出目標を達成できるよう支援したいと考えています。

 

Humayun Sheikh氏は加えて以下のように述べています。
「自動車の使用量が10%削減されると仮定すると、ミュンヘンでは年間34,000トンのCO2排出量が削減されます。」
「ドイツ全土をカバーするようにスケールアップされると、年間170万トンのCO2削減に相当します。このスマートシティソリューションは、不活用データを活用して、巨大な市場に浸透する可能性があります。」

 

スマートシティを実現するにあたり、ただ便利になるだけではなくより需要の低い駐車場を選ぶと特典を得られることで、需要が低い駐車場を選ぶ時の動機を「近い駐車場が満車だったから」というだけではなく、「トークンを得ることができるから」という新しい動機付けを実現しています。

 

こちらにより需要の低い駐車場の利用がより活性化され、渋滞を減らし、CO2排出の削減に繋げることがができています。付与されたトークンをどのように使えるか、によって利用者の動きが変化するかもしれませんが、ブロックチェーンのトークン機能を用いることで新しい付加価値をつけることが可能となります。

 

駐車場に関するブロックチェーンの事例は他にもあります。

ブロックチェーン×IoTで車が駐車場と通信!駐車場選びも支払いも自動化

ブロックチェーンを活用したビジネス構築に興味がありますか?

ブロックチェーンビジネスに興味がありますか?

アイディアだけお持ち下さい。
ブロックチェーンの知識は必要ありません。

  • ブロックチェーンプロダクトをゼロから立ち上げた経験やノウハウ
  • 世界トップクラスのパートナーシップ
  • 業界を問わないコンサルティング力

ブロックチェーン・ビジネスコンサルティングチームが、あなたのビジネスを成功させます。

業種・業界別でブロックチェーン技術の活用、導入に関する記事を探す

ブロックチェーンビジネスに
興味がありますか?