ブロックチェーンをビジネスに実装するために行われたPoC事例5選

ブロックチェーンをビジネスに実装するために行われたPoC事例5選

ブロックチェーンをビジネスに実装するために行われたPoC事例5選

PoCイメージ画像

ブロックチェーンを用いたビジネスへの実装にあたっては国内外ともに、PoCが行われることがほとんどです。今回は、国内でも事例が増えて来ている【ブロックチェーンを用いたPoC】についてご紹介します。

PoCとは?

ブロックチェーンを用いたソリューションに限らず、ビジネスにおける新たな取り組みや、これまでにないプロジェクトをビジネスへ実装するために、PoCを実施する企業は多く存在しています。

PoC(Proof of Concept)とは、「概念実証」という意味で、新しいアイディアの概念などを試験的にリリースし、実用性や活用性を検証します。oCを通して、経営陣やプロジェクトメンバーはアイディアの検証を行ったり、検証結果を基にプロジェクトの投資判断を行うことが可能です。

PoCには、ビジネスへの実装を前提とした試作の開発や、簡易版のシステムを作った上で試験的にワークフローの検証を行う実際に試してみる場合もあります。

システムの試作開発を行うことで、アイディアの実現可能性を検証することができ、さらには、システムを実際に利用をしてみることで利用者視点の新たな発見や、プロジェクトに対してより具体的なフィードバックを得ることに繋がります。

ブロックチェーンを用いたPoCの重要性とは?

ブロックチェーンを使ったPoCにおいては、プロジェクト全体の検証だけではなく、システムの動作を確認する意味も含みます。

ブロックチェーンを使ったソリューションの構築を実際に行うことでシステムにおけるブロックチェーンの動作確認や、動作に関わる所要時間や処理速度の確認、必要要件の追加検討を行うことができます。

他にも、ブロックチェーンの特徴である耐改ざん性は、一度ブロックチェーン上に書き込んだものは消えないという性質を持っているため、ブロックチェーンにどのような情報を入れるべきなのか等、ブロックチェーン独自の特徴を踏まえた要件をリリース前に吟味・検討しなければいけません。

ブロックチェーンを使ったプロジェクトのPoCにおいては、ブロックチェーン特有のシステム面の検討項目を考慮し、開発実現性や開発コストとの兼ね合いなどをクリアし、PoCをスタートさせることが必要です。また、PoC中はPDCAを回しながら、ビジネス検証を重ね、事業化や本番のビジネス実装に向けた課題や改善点を特定することが重要となります。

ブロックチェーンを用いたPoC事例5選

教師に支払われる年金制度をブロックチェーンで運営するPoC

教師に支払われる年金制度をブロックチェーンで運営するPoC

2020年には、教師の退職後に支払われる年金制度のシステムにブロックチェーンを導入するPoCが発表されました。
バングラデッシュの法的機関の Bangladesh Computer Council(BCC)とIBMは協力して小学校教師に対する電子年金システムの効率化を高めるPoCを発表しました。

ブロックチェーン上に年金情報や教師の個人情報を記録、管理することで情報の透明性と真正性、セキュリティの強化を高めるために行われます。この発表においてのPoCの目的は、年金、教師に関する情報をブロックチェーン上の台帳に記録し、情報の管理権限を設定することで不正アクセスを防止し、正しく年金処理がされるかどうか確認するために実施されました。

 

ブロックチェーンで航空貨物コンテナを追跡すると4億ドルのコスト削減ができる?

 

ブロックチェーンで航空貨物コンテナを追跡すると4億ドルのコスト削減ができる?

航空輸送業界向けの多国籍ITプロバイダーであるSITAは、カナダの非営利企業体ULD Careと提携し、航空貨物業界で年間4億ドルのコスト削減をするために、ブロックチェーンを用いたソリューションのPoCを行いました。
ULDと呼ばれる航空機の貨物室に搭載するためのコンテナはSITAで90万個も稼働しており、SITAは、UDLの稼働中の非効率性、貨物の紛失や、ULDまたは航空機への損傷などを鑑みると、結果として約4億ドルの不要な年間費用が発生する可能性があると推定しています。

このUDLの効率、セキュリティを向上させるためにブロックチェーンベースのプラットフォームを用いて、全てのUDLをプラットフォーム上で管理するPoCを行い、大幅なコストの削減を目指しています。

 

保険証券の真正性を検証するソリューションのPoCをブロックチェーンコンソーシアムが取り組む

保険証券の真正性を検証するソリューションのPoCをブロックチェーンコンソーシアムが取り組む

2021年には、保険証券を使った不正行為に関する問題を軽減するために、保険証券の検証ソリューションのPoCが実施されました。
保険証券は通常、紙のものが使用されており、保険の適応範囲を確認・証明するために、複数の期間や企業・個人と往復のやり取りを行う必要が有り非常に手間が掛かっていました。

この状態を改善するために、保険証券をデジタル化、リアルタイムで契約状況が確認することができるソリューションを開発し、PoCで保険の適応範囲の検証効率の確認と、主動によるミスの防止ができるかどうかが検証されます。

最後に

概念実証を行うことで、設定した目標や概念に対して、本当に達成できるのか、効果が得られるかどうかを確認することができるため、事業化やビジネス実装にあたり、事業計画や投資判断等の判断材料にすることができます。

効果が得られた場合は、新たな協業先や顧客への協力を仰ぎやすくなるなどの効果も期待できます。
もちろん、得たい結果が得られなかった場合は、方向転換や改善を行うこともできます。

国内においても、ブロックチェーンを使った取り組みが徐々に増えています。
ブロックチェーンを使ったソリューションをご検討されている場合は、海外でどのようなPoCが行われているのか、ぜひこちらからもご参照ください。

 

油田関係各社が参画するブロックチェーンを活用した商業契約の条件検証プラットフォームがPoCに成功

スイス鉄道、ブロックチェーン認証情報管理システムで職場の安全を向上、業務の効率化図る

 

ブロックチェーンを活用したビジネス構築に興味がありますか?

ブロックチェーンビジネスに興味がありますか?

アイディアだけお持ち下さい。
ブロックチェーンの知識は必要ありません。

  • ブロックチェーンプロダクトをゼロから立ち上げた経験やノウハウ
  • 世界トップクラスのパートナーシップ
  • 業界を問わないコンサルティング力

ブロックチェーン・ビジネスコンサルティングチームが、あなたのビジネスを成功させます。

業種・業界別でブロックチェーン技術の活用、導入に関する記事を探す

ブロックチェーンビジネスに
興味がありますか?