物流

世界有数の港湾ではブロックチェーンを使ってコンテナを管理

世界有数の港湾ではブロックチェーンを使ってコンテナを管理   ヨーロッパ最大の港湾でコンテナ取扱量が世界でも12位(国土交通省によるランキング2018年)のロッテルダム港は、運送会社からエンドユーザーまでのサプライチェーン全体の安全性を高めるために、ブロックチェーンを使ったパイロットテストを行っています。 ロッテルダム港による7月9日のプレスリリースでは、今回のパイロットテストの内容が明 […]

アリババがブロックチェーン船荷証券プロジェクトに参加

アリババがブロックチェーン船荷証券プロジェクトに参加   2020年6月19日、porttechnologyは、アリババがIsrael Ports Community System(IPCSA)のBlockchain Bill of Lading initiativeに加盟し、同団体の物流を可視化するタスクフォースで新たなブロックチェーンプロジェクトに参加したことを報じました。 &nbs […]

ブロックチェーンで航空貨物コンテナを追跡すると4億ドルのコスト削減ができる?

ブロックチェーンで、4億ドルのコスト削減できるの可能性   ledgerinsightsによると、航空輸送業界向けの多国籍ITプロバイダーであるSITAは、カナダの非営利企業体ULD Careと提携し、航空貨物業界で年間4億ドルのコスト削減をするために、ブロックチェーンテクノロジーの活用を模索しています。 ULD・・・航空機の貨物室に搭載するためのコンテナの総称 このプロジェクトではUL […]

業界別ブロックチェーンセミナー 物流業界×ブロックチェーン 開催レポート

弊社ブロックチェーンコンサルティング事業部長の中里が日本最大のブロックチェーンビジネスハブBINARYSTARにて10月25日に開催されたブロックチェーンセミナー 「物流業界×ブロックチェーン 大企業に選ばれるブロックチェーンの特徴」に登壇いたしました。 業界別ブロックチェーンセミナーとは、「大企業のブロックチェーン実装」をテーマに、国内外のブロックチェーン企業から最新活用事例の詳細を説明し、各業 […]

SDGsへの支援をブロックチェーンで実現。過剰な食料を効率的に慈善団体へ【2019年最新情報】

先進国に於いては食糧問題が取り沙汰されることも少なくなり、飽食の時代と呼ばれるようになってきましたが、それでも世界規模で考えれば未だに飢餓や栄養失調で日々多くの命が奪われています。 国連WFPによると、8億1,500万人(世界人口の9人に1人)がいまだに毎晩空腹を抱えたまま眠りについており、3人に1人が何らかの栄養不良に苦しんでいるのが現状です。   廃棄物管理会社であるGoodrは飢餓 […]

トラック運送業が抱える長年の問題も、ブロックチェーン技術で解決可能?

ブロックチェーン技術と運送業 ブロックチェーン上に情報として記録できるのは、野菜の生産地情報や暗号通貨の取引情報だけではありません。輸送に使われているトラックそのものの情報から、積み荷の情報までを記録、管理することが可能です。 2017年6月にIBMとコロンビアの物流流通サービス企業AOSが、ブロックチェーンとIoTが融合した物流サービスを共同開発していると発表しました。 このサービスは、トラック […]

現在の物流、サプライチェーンが抱える問題のほとんどはブロックチェーンで解決できる!

物流、サプライチェーンマネジメントにおけるブロックチェーンの可能性 いま、業界を問わずブロックチェーン技術が注目されています。 それは物流やサプライチェーンマネジメントの分野においても同じです。 ブロックチェーンは分散型台帳であり、記録が永久的に残るという特徴があります。 具体的に見ていくと、分散型台帳というのは、これまでの政府や銀行といった中央集権的な管理者がおらず、 世界中のパソコンで同じデー […]

業種・業界別でブロックチェーン技術の活用、導入に関する記事を探す

ブロックチェーンビジネスに
興味がありますか?