ブロックチェーン×トレーサビリティ 2021年に注目の活用事例10選

ブロックチェーン×トレーサビリティ 2021年に注目の活用事例10選

ブロックチェーン×トレーサビリティ 2021年に注目の活用事例10選

2021 ブロックチェーントレーサビリティ事例イメージ画像
ブロックチェーンは、トレーサビリティを確保するために非常に有用なソリューションの1つです。
ブロックチェーンの分散台帳機能で、ステークホルダーと同一のプラットフォーム上で情報をシームレスにやり取りできたり、一意のデータを作成・暗号化し、ブロックチェーン上に書き込むことで改ざんを防止できたり、IoTやNFCタグと組み合わせることでデータを追跡し続けたりすることができます。

このようなブロックチェーンの機能は様々な分野において、トレーサビリティに透明性をもたらし、アカウンタビリティを果たすために活用されています。

今回は、当ブログで、注目を集めている記事をご紹介致します。

 

最も注目を集めているブロックチェーン×トレーサビリティ活用事例5選

 

廃棄物をリサイクルして報酬を獲得!ブロックチェーン技術が廃棄物問題を解決

廃棄物をリサイクルして報酬を獲得!ブロックチェーン技術が廃棄物問題を解決

Plastic Bankはブロックチェーンを利用した革新的なエコシステムで、海洋プラスチックゴミの削減と、企業の再生プラスチックを利用した製造の促進、貧困層への新たな収入源の確保を実現させているプロジェクトです。記事自体の公開は2019年ですが、2021年の現在でも、Plastic Bankと提携を行った企業に関するニュースが発表されており、プラスチックゴミの収集実績も年々増え続けています。ブロックチェーンを使ったエコシステムの導入で成功している1例と言えるでしょう。

 

化粧品のトレーサビリティをブロックチェーンで確保し安全性を証明するソリューション

化粧品のトレーサビリティをブロックチェーンで確保し安全性を証明するソリューション

Seqensは、オーガニック化粧品の世界基準を満たしていることを消費者へ証明するための手段としてブロックチェーンを取り入れることを明らかにしました。製品の製造工程や成分に関するトレーサビリティを明らかにすることで、消費者との信頼関係の構築に役立つことが期待されています。Seqensは、製品の原材料の投入から最終製品の製造プロセス全ての過程において、リアルタイムで品質情報がブロックチェーン上に記録することを可能にします。さらに世界基準のオーガニック製品であることを証明するためにも、ブロックチェーンが活用されています。

 

世界三大高級時計メーカーがブロックチェーンで偽造品撲滅?

世界三大高級時計メーカーがブロックチェーンで偽造品撲滅?

高級時計の偽造品は、毎年4千万台以上、市場に出回っていると考えられています。このような問題に対して高級時計ブランドは、続々とブロックチェーンのソリューションを使ったデジタル証明書により、時計の所有者や購入記録等のトレーサビリティ情報を明らかにし、偽造品ではないことを証明する手段を確立しています。本記事では、世界三大高級時計メーカーの一つヴァシュロン・コンスタンタンが、ブロックチェーンデジタル証明書ソリューションを持つArianeeのオープンソースソリューションへ参加したことについてご紹介しています。

マグロの動向をブロックチェーンが追跡!漁業と消費の透明化

マグロの動向をブロックチェーンが追跡!漁業と消費の透明化

マグロは世界的に人気の高い魚ですが、その反面、水揚げ量が過剰なため、漁業の持続可能性に暗雲をもたらしています。この重要な課題を解決するために、ブロックチェーンが活用されており、ブロックチェーンで太平洋諸島のマグロ産業における違法な漁業を阻止し、トレーサビリティの改善を試みています。マグロの移動を追跡するために無線タグを利用し、タグからブロックチェーンに直接マグロの移動に関する情報を記録し、情報の特定、追跡まで実現します。

 

リサイクルのサプライチェーンをブロックチェーンで見える化する

リサイクルのサプライチェーンをブロックチェーンで見える化する

SDGsにも関係する「持続可能性」を促進することを目的として、リサイクルソリューションに対するニーズが高まる中、RecycleGOは、リサイクルサプライチェーンと物流管理システムの融合によりリサイクル可能な素材の追跡を実現します。企業が廃棄したリサイクル可能な廃棄物の運搬フローから、新たなリサイクル製品となるまでの過程が全てブロックチェーン上に記録されます。これにより企業は、リサイクル製品の証明と、廃棄物の処理に対するアカウンタビリティを明らかにすることができます。

 

2021年最新ブロックチェーンを活用したトレーサビリティ活用事例 5選

 

ブロックチェーンでSDGsを実現|アルミニウムの製造時のトレーサビリティを明らかにする

ブロックチェーンでSDGsを実現|アルミニウムの製造時のトレーサビリティを明らかにする

近年、消費者による持続可能性の高い製品や規格への注目度は、飛躍的に高まっていることから、大手アルミニウム生産企業のHydoが認証機関であるDNV.GLの持つ「Tag.Trace.Tags」ソリューションを用いてアルミニウムブランドの製品のライフサイクルを追跡、製品の特性に対する情報をデジタル証明書として発行するという技術を開発しました。この技術によりトレーサビリティを明らかにし、製品の持続可能性を証明します。

ブロックチェーンでウールのトレーサビリティを管理

ブロックチェーンでウールのトレーサビリティを管理

メリノ種の羊から取ることができるウールは世界的に価値が高く、合成素材に比べてエコロジカルフットプリントを大幅に削減できます。メリノウールは世界中で多く取引されており、サプライチェーンには品質と製品の真正性が求められています。オーストラリアのウールについて研究開発、マーケティングを行う非営利団体のAUSTRALIAN Wool Innovation(AWI)はブロックチェーンを活用し、サプライチェーンに透明性をもたらし、ウールの品質と真正性を証明します。

ブロックチェーン×繊維サプライチェーンで環境問題解決へ

ブロックチェーン×繊維サプライチェーンで環境問題解決へ

トレーサビリティのための最先端の発光顔料を用いたマーカー技術を提供するFibretraceは、繊維原料を追跡し、トレーサビリティを明らかにする技術を発表しました。生の繊維に埋め込んで使うことができる特許技術の発光顔料を用いて、繊維、糸、布地、完成品の顔料を定量化し、暗号化したデータをブロックチェーンに記録することで、専用スキャナー読込によるサプライチェーンの各工程での追跡、検証を可能にします。

 

ブロックチェーンで穀物のアレルゲンや油糧種子の純度を追跡管理する

ブロックチェーンで穀物のアレルゲンや油糧種子の純度を追跡管理する

 

コンテンツ管理プラットフォームをブロックチェーンを活用して展開するYaliyomoは、農業大手企業のAgrariusとともに穀物と油糧種子について、ブロックチェーンベースの追跡ソリューションを用いてトレーサビリティ強化するプロジェクトを発表しました。ブロックチェーンプラットフォームを利用し、穀物の純度やアレルゲンの残留物がないか等の品質指標を穀物と油糧種子の全行程に沿って測定を行っていく予定です。

 

ブロックチェーンで自動車中古市場における自動車保有履歴を明らかにする

ブロックチェーンで自動車中古市場における自動車保有履歴を明らかにする

中古車販売市場では走行距離の偽造や損傷過去があるにもかかわらず事実を隠蔽して販売されている車が存在しています。こういった偽造販売や不正を防ぐためにMOBIは車に対するアイデンティティを確立し、車の経歴を追跡するソリューションを開発しています。車両情報はブロックチェーンにID登録され、メンテナンス情報や保険会社から提供された保険情報などのIDと紐づいた情報をブロックチェーン上に記録することで、中古車販売市場において販売される車の経歴を明らかにすることができるようになります。

 

ブロックチェーンソリューションは、トレーサビリティの確保に多く活用されています。今後も様々な分野でブロックチェーンソリューションが採用されていくことでしょう。

ブロックチェーンを活用したビジネス構築に興味がありますか?

ブロックチェーンビジネスに興味がありますか?

アイディアだけお持ち下さい。
ブロックチェーンの知識は必要ありません。

  • ブロックチェーンプロダクトをゼロから立ち上げた経験やノウハウ
  • 世界トップクラスのパートナーシップ
  • 業界を問わないコンサルティング力

ブロックチェーン・ビジネスコンサルティングチームが、あなたのビジネスを成功させます。

業種・業界別でブロックチェーン技術の活用、導入に関する記事を探す

ブロックチェーンビジネスに
興味がありますか?